破線上ヒロインなし!2番手は天華えま?極美慎は?轟悠最後の主演作『婆娑羅の玄孫』

星組



本日、公式HPにて、
いしさん(轟悠さん)の最後の主演作、
『婆娑羅の玄孫』の配役が決定いたしました

 

今回「主な配役決定」とありますけど、
振り分けられた出演メンバー全員の役が発表されてますが、
なぜに「配役決定」ではなかったのでしょうね?

 

これは2役に役が追加される可能性があるからなんでしょうか?
別に支障は全くありませんので、いいのですが…(^_^;)
ちょっと不思議に思ってしまいました…

 

さて、
今回はこのニュースについて触れておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

轟悠最後の主演作に破線上ヒロインはなし!

今回の演目には、
ヒロインがいなくてもいい演目なので、
破線上ヒロインはありませんでした

 

ほのかちゃん(小桜ほのかさん)が振り分けられたので、
「もしや再びいしさんの相手役?」と期待はしたのですが…(´・ω・`)

 

宝塚歌劇団において、
長年に渡り、男役を貫いた方なので、
男の生き様というか、美学がメインとなるのでしょう

 

とはいえ、
まずはそこにガッカリでした
バックボーンを考えると仕方がないんですけどね…

 

そうなると、
男女の愛の部分は非常に薄い演目になるのかもしれません

 

いしさんの舞台では、
『チェ・ゲバラ』がすごくよかったので、
男女の愛の部分はなくともいいと思ってます
そういうのが似合うジェンヌさんでもないですし、
いしさんには、
「男の美学」の方が似合ってますので…

 

『シラノ・ド・ベルジュラック』も、
『凱旋門』も、
『ドクトル・ジバゴ』も、
男女の愛の部分はありますが、
いしさんの本領発揮は、
男の生き様の部分でした
これが胸を打つので、
最後もそういう感じになるのかな、と思いました

 

でも、
ほのかちゃん、残念だったなぁ…
という本音もあります…(^_^;)

 

最後のいしさんの破線上ヒロインとなると、
またその後もややこしいことにもなりかねないので、
ある意味いい落としどころだったのかもしれません…

 

せめて、
ほのかちゃんには、
歌の場面がありますように…

 

スポンサーリンク

天華えまが2番手役?極美慎は?

今回の星組は3つに分かれての公演になってますが、
以前にも指摘しましたが、
番手が綺麗に分かれて振り分けられてます

ことせお&有沙瞳マノン&小桜ほのかは轟悠の最後のヒロイン?…星組振り分けキレイに路線が分割

 

『婆娑羅の玄孫』組には、
ぴーすけくん(天華えまさん)と、
しんくん(極美慎さん)が振り分けられました

 

共に、
芝居力を育成して欲しい2人なので、
いしさんの最後の舞台にご一緒できるのは、
学びが多いことのはず

 

特にしんくんは、
前回のいしさん主演『シラノ・ド・ベルジュラック』では、
かなり上達が見られ、
美しさに演技力を身につけようとしている段階
前回ほどの活躍がある役ではないにしても、
吸収出来る限り学んで欲しいです

 

今回の配役を見てみると、
フルネームがある役は、わずか4名
主人公の細石蔵之介役のいしさん

 

残り3名のうちの1名が、ぴーすけくん
他の2名は、ゆうさん(汝鳥伶さん)と、
みきちぐさん(美稀千種さん)となっています

 

フルネームだから役が大きいかと言えば、
必ずしもそうではないでしょうけど、
今回の場合は、ぴーすけくんが重要な役ではあるのでしょう
2番手ポジションだと思われます

 

98期の元星組のあやなちゃん(綾凰華さん)が、
さききわのプレお披露目公演の全国ツアー
『ヴェネチアの紋章』で2番手を務めてます
バランスを考慮しても、ぴーすけくんが2番手でしょう

 

そして、
しんくんが3番手ポジションかどうかはわかりませんけど、
番手の順番としては、ぴーすけくんの次ではあるはずです

 

ぴーすけくんは、
『ロミオとジュリエット』で踏ん張ってましたので、
今回2番手なのであれば、
より飛躍できるよう頑張って欲しいです

 

スポンサーリンク

轟悠の宝塚人生最後の芝居演目『婆娑羅の玄孫』

芝居上手で、
観客を引き込む演技力があるいしさん
正直、
歌はお世辞にもいいとは言えませんけど、
演技力が素晴らしいのは確かです

 

お芝居に専念でいいと思いますが、
最後の作品ですから、
そこは何曲歌おうが見守りたいです(←でも演技が見たいのが私的な本音w)

 

最後の最後になる演目が、
いしさんにとって最高の餞になる名作だといいのですが…

 

原田諒先生でよかったように思うんですよね…
男の生き様、美学を描かせたら最高に上手な先生ですし、
何よりもいしさんとの相性がとてもよかったですし…

 

重鎮の植田紳爾先生ではないと、
いしさんとは釣り合わないという劇団の判断なのか、
いしさんの希望なのかはわかりませんけど、
そこだけはちょっと残念に思ってます

 

植田先生が、
いしさんの魅力を最大限に引き出せる作品に仕上げてくださることを、
お祈りしておきます

 

いしさんの宝塚最後の舞台はディナーショーですけど、
ラストの演目はこの『婆娑羅の玄孫』ですから…
感動作であることを切に願っています

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
専科・轟悠が退団!…驚いたが理事退任から決めていたのかもしれない

 

コメント