水美舞斗はどうなるのか問題を考えてみた【95期・神7 考察】=2019年11月7日付=

95期



先日、
ひとこちゃん(永久輝せあさん)がVISAイメージキャラクターに就任する
というニュースがありました

 

そこで、
今後の花組の体制で見えてきたこと、
はっきりするであろうことを、
語ってきました

永久輝せあがVISAガール就任!予想通り…花組体制の流れが明確に!

 

今回は、
私がモーレツに推している95期に絞った、
語りをしたいと思います

 

それは、マイティー(水美舞斗さん)です

 

いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

超路線として育成された永久輝せあの組替え

ひとこちゃが、
雪組から花組へ組替えされると発表された時、
すでに、
それが栄転であることは、
ヅカファンであれば察しがつきました

 

雪組時代、
れいこさん(月城かなとさん)がいらした頃は、
れいこさんとニコイチのような扱いで、
頭角を現したひとこちゃん

 

次々とちぎさん(早霧せいなさん)主演の、
新人公演で主演を演じていき、
結果、
新人公演で4本もの主演を演じたひとこちゃん

 

この時点で、
雪組での大事な御曹司であったことはわかります
劇団が、
97期で一番押したい生徒であることは明白でした

 

 

ところが、
だいもんさん(望海風斗さん)の時代となると、
歌重視の演目が多いため、
歌唱力に難があるひとこちゃんは非常に不利でした…

 

新人公演の卒業も重なり、
歌える先輩のあーさちゃん(朝美絢さん)の台頭
同じダンサー系で、
組替え効果のあるあやなちゃん(綾凰華さん)の間に挟まれ、
少しくすぶっていた感は否めません

 

 

だからこそ、
ひとこちゃんは、他組へ組替えされるだろう
と予測を建てられてました
おそらく、
ヅカファンの頭には、
そのことが過っていたと思います

 

その行先は、
次期トップスターが変わる花組か星組の可能性が大きかったです

 

私は星組だといいなぁ、と思ってました(星組っ子なので…)
ことちゃんとまるで個性が違うというのが、
バランスがいいと思ってましたし、
当時は、
ことせおひとこの並びもいいと感じたからです

 

ですが、
結果は、花組への組替えでした

 

スポンサーリンク

永久輝せあVISAイメージキャラクター就任で決定的になった花組番手

花組への組替えが発表された時、
すぐに「次のVISAガールはひとこちゃんかも!」と、
真っ先に頭に浮かびました

永久輝せあが花組へ組替え!Yahooニュース写真入り…次期VISAガール?

 

そのように感じた方は、多かったと思います

 

その時から考えられていたのが、
ひとこちゃんがVISAイメージキャラクターに就任するということは、
花組の体制が確定される、ということでした

 

そして、本当に、
ひとこちゃんがVISAイメージキャラクターに就任が決定!

 

前回(と前々回)もお話しましたが、
これにより、
今後の花組の体制が明確になったのです

 

当面は、
次期トップスターのカレーくん(柚香光さん)を、
上級生で芝居心のある、
あきらさん(瀬戸かずやさん)が2番手で支えます

 

あきらさんが、
本公演1~2作を務めた後、
ひとこちゃんが2番手に就任することになるでしょう

 

【当面の花組体制】

トップスター:柚香光
2番手:瀬戸かずや
3番手:水美舞斗
4番手:永久輝せあ
5番手:聖乃あすか

 

【その後の花組体制】


トップスター:柚香光
2番手:永久輝せあ
3番手:聖乃あすか

 

スポンサーリンク

次期花組体制での水美舞斗のポジションはどうなるのか

上記の項目では、
マイティーを3番手の位置にはしましたが、
実質は、
あきらさんの次で、
2.5番手くらいのポジションだろうと思ってます

 

感覚でいうと、
ちなつさん(鳳月杏さん)のような感じになるのでは、
と考えています

 

カレーくんの両翼の片方が、あきらさんで、
もう片翼が、マイティーというイメージです

 

みりおくんの体制と同じですね
あきらさんとちなつくん、という感じです

 

その後、
あきらさんが退くと、
ひとこちゃんが2番手に昇格します

 

そうなった場合、
マイティーはどうなるのか
という大きな問題が生じます

 

この時点では、
周りの組も含めて、
さらにいろんなことが見えてきているでしょう
おそらく1~2年近くの時が進みますから…

 

自然に考えると、
もはや別格としか考えられないのが1つの答えです

 

水美舞斗への開かれた道はないのかを考える

通常考察していけば、
上記のとおりでしょう

 

それと、
私はずっとお伝えしてますが、
95期からトップスターが誕生するのは、
3れい(礼真琴、柚香光、月城かなと)までと思ってまして、
その考えは一貫しており、変わっていません

 

何度も何度もお話しているとおり、
95期だけがそんなに優遇されるわけがない
というのが理由です

 

 

とはいえ、
自称95応援団で、
95期を愛してやみませんから、
1人でも報われたらいいなぁ、といつも思っています

 

できる限り、
その夢は持ち続けたいです

 

それなのに、、
早くも夢から覚めるような現実が、
この2日間で飛び込んできたわけです

 

なんとか打破できるようなことはないのかな、
と考えるのですが、
明確な答えは出ず…

 

一番の突破口は、
組替えでの栄転なのですが、
ご存知のとおり、
95期は超精鋭の期なので、
どの組も95期生は満員状態…

 

とてもじゃないですが、
今からマイティーが入り込む余地がないのです

 

人気は、
ことカレーあーさに続いて、
大人気なのに…

 

スポンサーリンク

路線での育成の重要性

そもそも論として、
マイティーは路線として育成されてません
ここが最大のネックになります

 

棚ぼた式で、
成長著しい我が星組のせおっち(瀬央ゆりあさん)も、
同様なのですが、
なにせ棚ぼたが多い上、それを上手に活かしています

 

すでに、
バウ主演を2回と、
W主演が1回務め、
さらに、トップコンビ主演の『鎌足』では2番手役で、
フィナーレも2番手ポジションでした

 

マイティーは、
せおっちとも水をあけられた状況になっています

 

そんなせおっちも、
『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』での階段降りが、
4番手ポジションにされたのは気になりますが…

 

 

大尊敬のブログ、
心は青空♪の管理人・happyさんも、
かなり心を痛めており、
イレギュラーでトップになった、
みっちゃん(北翔海莉さん)の後に続け
と発破をかけてらっしゃいます

 

本当に、
みっちゃんのような大逆転があるといいのですが…

 

 

懸念があるのは、
みっちゃんは、超路線だったんですよね…
そこが大きく違うところ…
もはや記憶の彼方でしょうけど、
みっちゃんは、月組の超御曹司でした…

 

新人公演の主演も3回ですし、
バウ主演もきっちりやってます

 

劇団の無慈悲さは「継続中である」ということを忘れてはいけない

マイティーの救いは、
新人公演の主演をしていることと、
たとえショー形式とはいえ、
バウの主演をしているということ

 

最低限大事なところは押さえているので、
ギリギリ踏ん張って、
陽の目を見れるといいなぁ…、と考えてます

 

でも、
劇団って上げたい人を上げるので、
よっぽどのどうしようもない何かが生じない限り、
イレギュラーは起きません

 

そして、
イレギュラー対応の順番もあるでしょう

 

どれだけ人気があろうと、
実力を付けようと、
劇団が上げる気がなければ、それまでなのです…

 

すべて劇団の予定通り…

 

こういう時、
るりかさん(美弥るりかさん)が報われていれば
状況も変わったのでしょうけど、
結局平気で2番手切りしますから…

 

それがすべてだと思ってます

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
柚香光の任期が見えてくる…永久輝せあVISAガール就任にて

 

コメント