和希そら『夢千鳥』が見たい…宝塚歌劇は番手重視なのはわかるが…

宙組



本日、公式HPにて、
愛ちゃん(愛月ひかるさん)主演
『マノン』ポスター画像が更新されましたね!

 

やはりくらっち(有沙瞳さん)も登場です
美男美女な2人だけに、
イイ感じに仕上がってましたね♪
でも、こういう構図多いですよね…(笑)
べにきさきの『うたかたの恋』の別バージョンっぽくにも見えます
同じ星組なだけに…

 

美しいから全然OKですが!

 

だいもんさん(望海風斗さん)のインスタも開始されましたし、
今日は話題は豊富で楽しい日でした♪

 

さて本日のテーマですけど、
ライブ配信について語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみどうぞ!

 

スポンサーリンク

和希そら主演『夢千鳥』はてっきりライブ配信されるものとばかり思ってた

宙組のそらくん(和希そらさん)主演のバウ公演
『夢千鳥』が本日初日を迎えました!

 

まずは一言

 

そらくん初日おめでとうございます!

 

そこでなのですが、
ワタクシ、てっきり、
『夢千鳥』はライブ配信されるものだとばかり思ってました(^_^;)

 

人気のそらくんですし、
チケット難も予想されてましたし、
案の定の感じでの争奪戦でしたし…

 

ヅカファンはもちろんのことですが、
そらくんファンの方も、
見れない状況なのではないでしょうか…

 

そういう時こそ、
ライブ配信に期待していたのですが、
初日を迎えた今日まで、全くアナウンスがありませんでした…

 

…実はワタクシ、
やるものだと勝手に勘違いしてまして(笑)、
先ほど大尊敬ブログ様とのLINEで、
「配信なし」ということを知ったのでした…(^_^;)
思い込みって怖いわ…(笑)

 

で、『夢千鳥』のライブ配信には、
全く期待が持てないという事実が、
今になって重くのしかかったのでした…

 

スポンサーリンク

宝塚歌劇は番手主義なのはわかるが…

宝塚歌劇では、
上級生至上主義でありつつも、
番手主義でもあります…

 

DVDの円盤化も2番手にならないとされません

 

ライブ配信も同様なのでしょう
ただし、3番手まではされているので、
4番手以降だと、
今のところ配信はしない方向なのでしょうね…

 

トップや2番手以外の主演作、
あるいはディナーショーなどで、
ライブ配信されたジェンヌさんはこちらです

 

①桜木みなと『壮麗帝』
②凪七瑠海『パッション・ダムール』
③彩凪翔ディナーショー
④水美舞斗ディナーショー

 

ざっくり思い出す範囲なので、
抜けがあったら申し訳ないですけど、
上記の4本のはずです

 

そのうち、
専科のかちゃさん(凪七瑠海さん)は別として、
上演した当時は、
ずんちゃん(桜木みなとさん)、
翔くん(彩凪翔さん)、
マイティー(水美舞斗さん)は、みなさん3番手です

 

これでわかるのは、
ディナーショーと、
舞台作品の違いもあるので一概には言えませんが、
現在のところは、
3番手のジェンヌさんは、
ライブ配信してもらえているというのが現状です

 

やはり3番手以上であれば、
ライブ配信してもらえる、という線引きなのかなと思います

 

スポンサーリンク

和希そらは宙組4番手

もしそらくんが3番手であれば、
ライブ配信になったのかは不明ですけど、
可能性としてはゼロではなかったのでしょう

 

ただ現実としては、
現在のところ、4番手であることは揺るぎません
この1つの番手が大きな壁になってしまっているのかな、
と考えるととても残念ですし、ものすごくもったいない!

 

そらくんの人気を考慮すると、
やはり経済的な損失が大きいと思うわけです

 

公平を保つためなのだろうがもったいない

それでも、踏み切れないのは、
全部の公演やショーをライブ配信しなければならなくなる
という点でしょうか…
当然そこには、大なり小なりの差はあるでしょうし…

 

配信するための経費が、
どのくらいなのかがわかりませんので、
ペイできる視聴者数も正直わかりません

 

熱狂的なファンが多い宝塚歌劇ですけど、
ニッチな世界であることも事実です
ファンの1人1人の想いと声は限りなく大きいのですが、
数は多くないという世界

 

さらに、
この作品は配信して、
この作品は配信しない、というのも、
目に見えて疑問と疑念を抱かせるので、よろしくもないわけです
ものすごく不公平が出てしまいますから…

 

そう考えると、
我々の見えない線引きがあるのは、
仕方がないことなのかもしれません

 

でも、やはりもったいないとしか言いようがないです

 

その一方で、
このジェンヌさんはしてもらえたけど、
こちらはしてもらえず、というのも切ないですし、
ファン同士のギスギスの原因にもなりますので、
仕方がないことなのかな…

 

もはや堂々巡りとなる考え…(笑)

 

それでも割り切れないなぁ…
この辺のバランス、
なんとかならないものでしょうか…

 

観たい、という欲求が募るばかりです

 

ああ『夢千鳥』…
そらくんだけじゃなくて、
じゅりちゃん(天彩峰里さん)も素晴らしいのだとか…

 

そらじゅりの歌うまコンビで、
どんな展開になっているのでしょうね…
ご覧になられる方が非常に羨ましいです

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
『夢千鳥』ヒロインは2役とも天彩峰里で破線上…山吹ひばりは彦乃に大抜擢!

 

コメント