東京宝塚劇場再開…出演がソーシャルディスタンス対応に!エース級は全日程出演

宝塚関連ニュース



本日、公式HPにて、
花組の華ちゃん(華優希さん)のメッセージが、
配信されました!

 

花組さんは、
ようやく新生花組が始動できるので、
華ちゃんも全力で頑張っているところでしょう

 

次回は、
宙組のまどかちゃん(星風まどかさん)です
同期の華ちゃん⇒まどかちゃんへのメッセージは、
ホッコリしますね
普段どんな感じで話しているのかな?
華ちゃんはお姉さんだから、
まどかちゃんを可愛がる感じなのかな…と想像すると、
可愛すぎます…(*´艸`)

 

さて本日は、
ついに東京宝塚劇場の再開が発表されましたので、
触れておこうと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

ようやく東京宝塚劇場での公演再開

ようやく公式から、
新生星組の『眩耀の谷』『Ray』の、
東京宝塚劇場での上演が決定いたしました!

 

宝塚大劇場の再開決定が、
6月15日でしたので、
11日後での発表でした
日程の調整や、
東京での開催のハードルなど、
いろいろ考慮しての決定なのでしょう

 

とにかくアナウンスがされたので、
ホッとしました♪

 

今回期間は同じですけど、
初日から2週間は1公演のみなので、
公演数は少なくなっています(数えてないですが…)
そこはちょっぴり残念ですけど、
こういう状況なので、
ありがたく受け止めたいです

 

スポンサーリンク

思ったとおりの役替わり公演!下級生を2チームに分ける

役替わりの発表がありましたね!
前回ブログでも言及してます

宝塚歌劇が再開するも問題山積…役替わり&演出&106期生&人事

私が考えたのはなく、
チャミさん(彩羽真矢さん)が動画で話されていて、
それを見て「なるほど!」と納得したのです
チャミさんは、
役替わりの話を耳にされていた様子なので、
星組のことなのか、
そういう感じでやっていくというのを、
誰かから聞いていたのかは不明ですけど、
いずれ劇団から発表があるであろう、ということを話されてました

 

それが星組で判明したというところでしょう

 

星組は全組の中で1番人数が多く、
79名という大所帯です
半分の人数に抑えてると、
40名ずつになるのかな、と思ってましたが、
半分の人数まで減らすのはさすがに難しかったようで、
下級生を半分ずつにして、
58名体制にして、上演するようです

 

新人公演卒業組だった、
一部の99期から半分体制になっています

 

スポンサーリンク

下級生のエース級は全日程出演

全日程を出演するのは、
上級生全員と、下級生の一部です

 

99期では、
歌唱力があり、
大活躍中のほのかちゃん(小桜ほのかさん)
あまじぃくん(天路そらさん)、
はるとくん(遥斗勇帆さん)までが全日程組です

 

100期以下の下級生では、
まめちゃん(桜庭舞さん)、
さりおくん(碧海さりおさん)、
かのんくん(天飛華音さん)、
みずのちゃん(水乃ゆりさん)4人です

 

いずれも、
すでに抜擢が続く、
次世代の星組を背負ってもらいたい、
というメンバーですね

 

この状況がいつまで続くのかはわかりませんが、
こういうことで、
現段階での劇団の推しが測れるのかもしれません

 

天飛華音は礼真琴ライン…いろいろ被る

かのんくんは、
昔のことちゃん(礼真琴さん)のラインであることは、
よくわかります
ことちゃんの下級生時代には、
上級生にゆりかさん(真風涼帆さん)がおり、
カリスマスターオーラ全開でしたが、
かのんくんにも、
スターオーラが眩しいしんくん(極美慎さん)がキラッキラに輝いているのも、
まさに被る状況!

 

どこの組にも「あるあるな現象」ですけど、
特に星組っ子なので、
すごくその辺りの事情が汲み取れてしまいます…(^_^;)

 

私的には、
しんくんにも、かのんくんにも、頑張って欲しいと思ってます
両方ともというのは、非常に厳しいでしょうけど…

 

実力派のかのんくんは心配してませんけど、
しんくんは、
芸事のどれか1つでも秀でるように願っています

 

歌とダンスは無理でしょうから、
お芝居を頑張って欲しいなぁ…
…と話が逸れちゃいましたw
また後日語ります…(^_^;)

 

スポンサーリンク

オンライン配信にも取り組んで欲しい

チケット争奪が大変ですけど、
オンラインでのライブ配信や、
定番となっているライブビューイングなどを上手に組み合わせて、
収益確保をしてもらえたらいいかな、と思います

 

今や、
エンタメ界ではオンライン配信に積極的になっています

 

宝塚歌劇団では、
DVDの売り上げに影響するかも、
という懸念があるのでしょうけど、
やってみて「こりゃアカン」というのであれば、
やめればいいですし、
収益がしっかり確保出来るというのであれば、
継続するのもアリでしょう

 

オンラインの配信は、
録画ができない仕組みになっていますし、
導入しない手はないと考えています
当ブログでは、
ずーっと言い続けてますけど(笑)

 

DVDには付加価値をつけて、
工夫をして売れば、
ファンは買いますから…

 

ライブビューイングでもいいですけどね
日程を増やすとかして…
ただ採算取れるベースラインが高いのであれば、
難しいでしょうけど…

 

チケットが取れずに、
見れない層の取りこぼしを防ぐには、
オンライン配信と、
ライブビューイングは有効だと思っています

 

宝塚歌劇団は、
割と保守的なので、
新しいことに取り組むのは非常に遅いです

 

YouTubeの動画でもそうでした
かなり遅い動きの上、
ちょっと「あれれ?」な印象でしたし…(あくまでも私的な感想ですので…)

5組の現役トップスターが元宙組トップスター和央ようかとコラボ…夢組ってこんな感じ!?

 

石橋を叩いて渡ることも大事ですけど、
取りこぼして、
ファンを逃してしまうことも、
もったいないと考えています

 

体験ものですから、
「生観劇に勝るものはない」は当然ですけど、
そもそもチケットが取れない層が多いということが、
もったいないと感じてます

 

なんとか、
1人でも多くのファンを救える方法が、
あるといいのですが…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚歌劇が再開するも問題山積…役替わり&演出&106期生&人事

 

コメント