有沙瞳について思うこと…集大成がアムネリスではないことを望みたい

星組



本日、
ようやくというか、
ついにというか…、
宙組『NEVER SAY GOODBYE』が無事初日を迎えましたね!

 

昨日からちゃんと幕が上がりますように、
と一生懸命願ってましたし、
そういうヅカファンは多かったと思います

 

ネットニュースの記事を見て、
『NEVER SAY GOODBYE』でのまかじゅんの姿が、
とても眩しかったです!(*´ω`*)

 

今こそ私に、
素敵なユリカさん(真風涼帆さん)と、
じゅんはなちゃん(潤花さん)の笑顔をお与えください!
そんな気持ちです…

 

フィナーレが変わるんですってね
前回は退団公演でしたから、
ガラッと変えるのはいいと思います

 

今週に、
大尊敬のブログ様が観劇されるとのことなので、
感想記事を楽しみに待とうと思います

 

さて本日ですけど、
大絶賛で幕を閉じたことちゃん(礼真琴さん)主演、
星組『王家に捧ぐ歌』ですが、
これが素晴らしかったのは、
ことちゃんと星組生の頑張りの賜物です

 

その中でも、
美貌と歌唱力を兼ね備えた最高のアムネリスを演じた、
くらっち(有沙瞳さん)の存在も大きいです

 

今回はそのくらっちについて、
語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

有沙瞳のアムネリスは初めて美貌と歌唱力を持ち合わせていた

本編でのくらっちのアムネリスの素晴らしさについては、
先日語ったので、
ここであらためて語ることはいたしません

さすが礼真琴!素晴らしすぎてマイナス要素が全部吹き飛んだ『王家に捧ぐ歌』&有沙瞳のアムネリスが絶品で過去最高

 

前回も触れましたけど、
『王家に捧ぐ歌』のアムネリス役は、
初演が絶世の美女に相応しいトップ娘役だっただんさん(檀れいさん)が演じ、
再演では、当時の美貌の娘役だったうららちゃん(伶美うららさん)が演じました

 

そういえば、
うららちゃんのアムネリスを観劇された、
北川景子さんが心を奪われてましたよね
みりおん(実咲凛音さん)のアイーダとうららアムネリスに…

 

世間が「美」の象徴のように憧れる、あの北川景子さんが、
みりおんとうららちゃんに目がハートになっていたというのが、
すごく嬉しかったです!
私は当時も全く同じことを語ってましたっけ(笑)(^_^;)

 

そのぐらいインパクトのある美貌が大事な役が、アムネリスです

 

その一方で、
元々トップ娘役のだんさんが演じただけあって、
歌の場面も何気に多い役だったりします

 

先日もその点に触れましたけど、
初演、再演、再々演の3回の上演で、
3回目にして初めて
美貌と歌唱力が合致する娘役が演じることができました

 

これが今回の王家の評価にものすごく繋がっているように感じています

 

やはり歌う場面が多い役は、
しっかり歌える人が務めてくれると安心感が違いますし、
物語にもすんなり引き込まれますし、
何よりも、楽曲の良さをダイレクトに感じることができます
それが素直に感動になるのです

 

有沙瞳がアムネリスという大役を演じるということが、
どれほど重要だったのかが、よくわかりました
歌えればいいわけではないのがアムネリスという役なので、
そこも難しいのです
とにかく、まず美貌ありきですから…

 

美しい娘役さんは、
歴代のトップ娘役さん含めてたくさん存在します
ただ「美しくて歌える娘役」となると、
非常に狭き門になるんですよね…(´・ω・`)
しかも、大役なので、
路線の娘役である必要がありますし、
最低ラインは娘2であることでしょう

 

これまでも美貌に比重が大きい分、
歌唱力は二の次ところか五の次、十の次くらいな感じでした…(^_^;)
それを今回は、美しくて歌える娘2のくらっちを起用

 

圧倒的な美貌となると、
くらっちがそうだとは言いませんが、
とても品がある美しい娘役であるのは間違いありません

 

まさに今回星組で上演出来たのは、
真の歌唱力の礼真琴がおり、
アイーダに向いている健気なトップ娘役のひっとん(舞空瞳さん)がおり、
美しくも気高くもある歌姫なくらっちが存在していたからでしょう

 

こんなにすごい組み合わせってなかなかないです

 

やはり歌えるということは、ものすごく強いなぁ
と感じたのが、くらっちのアムネリスでした

 

『王家に捧ぐ歌』は素晴らしい作品ですし、
何よりも楽曲が素晴らしいので、
今後も再演をして欲しいですが、
くらっちクラスの美しくて、
歌える娘役さんがその時に娘2以上で存在しているかどうかが、
鍵になるような気がします

 

くらっちはかなりハードルを上げたのではないか、と思っています

 

スポンサーリンク

アムネリスとフィナーレの並びで餞別じゃないかと不安

で、ラストのフィナーレの並びですけど、
先日もしっかり触れましたけど、
トップスターであることちゃんの左側に、
くらっちがおりました
右側は、トップ娘役のひっとんです

 

そのため、
最後にトップスターへの会釈をくらっちがするのですが、
まさに、ダブルトップ娘役並みの扱い

 

近年ここまでの強さを見せた娘役さんっていましたっけ?

 

この間も指摘しましたけど、
アムネリスという役の大きさといい、
フィナーレの並びといい…
本当に「ダブルトップ娘役」のようでした(二度目)

 

こうなると心配になるのは、
これって餞別なのでは…という疑念…(´・ω・`)

 

超路線であれば、
「いよいよトップなのかしら?」と思われますけど、
トップが空くとは思えない状況でのこのような厚遇を目にすると、
逆に不安にかられるという…(・ω・`)

 

くらっちも今年研11です
男役10年と言われるように、
娘役も10年とすれば、立派な舞台人の学年です

 

単なる思い過ごしの可能性も大ですけど、
星組の98期はいまだに大人数です
現在6人ですが、
ありちゃん(暁千星さん)が加わると、
7名というさらに大人数になりますので、不安は増すばかり…

 

とはいえ、
3期上の95期も、
雪組にはいまだに5名もいますので、
まだまだという可能性もあります

 

ただやっぱり不安の方が強いという…

 

スポンサーリンク

同期・天華えまにも不安

98期と言えば、
ぴーすけくん(天華えまさん)もおります

 

ぴーすけくんも役はケペルで、
3番手役ではありましたが、
ポジションは立派な2番手でした

 

似たような光景を、
雪組全ツ『ヴェネチアの紋章』で見たのを思い出します

 

この時、
2番手役のマルコ役は、98期のあやなちゃん(綾凰華さん)が演じ、
ショーでのポジションもしっかり2番手でした

 

そのあやなちゃんは、
次回の雪組本公演『夢介千両みやげ』で退団することが発表されました

 

同じ98期で路線スターの2人ですが、
組が違えど、境遇がとても似通っており
組越えしてもニコイチのポジションのイメージがどうしてもあるのですが、
ぴーすけくんもあやなちゃんの後を追うように…、
ということがあるのかな、とも思ったり…

 

あやなちゃんは、
上からはそらくん(和希そらさん)が組替えされ、
下からはちさとくん(縣千さん)がバウ主演を務めました

 

ぴーすけくんの場合も、
同期の超御曹司・ありちゃん(暁千星さん)が組替えしてきます
間違いなく、
ぴーすけくんよりは上の番手に行くでしょう
そして、
下には100期の第3の男・しんくん(極美慎さん)が控えています
遅かれ早かれ、バウ主演を務めることになるでしょう

 

ビックリするほど状況が重なるのが、あやなちゃんとぴーすけくん!
最後の最後まで、ニコイチな感じになるのか、
ぴーすけくんが意を決して、
支える方に回るのかが注目されます

 

星組内で退団の不安があるのは、さらに上の上級生もしかり…

 

その話をするとズレちゃうので、
ここでは語りませんけど、
98期に限れば、
くらっちとぴーすけくんが大丈夫かな、と勝手に不安になります

 

くらっちは、
トップ娘役が演じたアムネリスという大役を演じきり、さらに評価を上げました
また、ヒロインだけではなく、
『ロミオとジュリエット』の乳母も演じれるほどの役幅があり、
何よりも歌唱力があります

 

満足した、と言われてしまえば、
そうなのかもしれない、と思うだけに、
とてもモヤモヤしてしまいます…(´・ω・`)

 

いずれにせよ、
タカラジェンヌはいつか退団する日が必ず来るので、
そこは仕方がないのですが、
その日は少しでも遠いといいな、と願っています

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
さすが礼真琴!素晴らしすぎてマイナス要素が全部吹き飛んだ『王家に捧ぐ歌』&有沙瞳のアムネリスが絶品で過去最高

有沙瞳はなくなった!?次期月組トップ娘候補

 

コメント