有沙瞳はなくなった!?次期月組トップ娘候補

宝塚考察



本日、公式HPにて、
花組の別箱『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』と、
バウ公演『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』の日程が、
決定いたしました!
別箱は、東京公演もあるので嬉しいです♪
チケット取れるのかが心配ですけど…(^_^;)

 

カレー華もあすかくん(聖乃あすかさん)も、
先行画像が素敵ですね!
先行画像はこうじゃなくっちゃね!(笑)

星組『ロミオとジュリエット』一部配役…役替わり過去最多&先行画像の是非

 

カレー華のコミカルな感じ、ちょっと楽しみです(*´艸`)
さすがは原田諒先生!
先行画像から期待を裏切りません
歌は心配ですけど、
面白ければいいと思います

 

さて今回は、
我が星組の娘2のくらっち(有沙瞳さん)と、
月組次期トップ娘役について語ります

 

ここでは、くらっちに絞ります
そして、雑談も多いですw

 

あくまでも現時点で思っているだけのことで、
単なる憶測ですから、
サラッと流す感じでお付き合いください

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

雪組トップ娘役ではなかった有沙瞳

私的には、
雪組のトップ娘役候補の筆頭にあげていたくらっち

 

とにかく実力に穴がないということと、
見た目も美しいですし、
所作もキレイなので申し分ない娘役さんです
何よりも歌上手!
超絶な歌うまクラスではありませんが、
十分に歌える貴重な娘役さんです

 

それもあり、
古巣の雪組に凱旋でトップ娘役、と思ったのですが、
まさかのさらに上級生のひらめちゃん(朝月希和さん)に決定
ひらめちゃんも穴がないので、
舞台は安定しますし、
不満はないですけど、やっぱり残念だったなぁ、
という気持ちがあります

 

残念というのは、
あくまでも私的に思うことなので、
劇団からすれば「全然残念じゃないよ」という、
非常にドライで、残酷なことかもしれませんけど、
そのぐらいは夢を見ても罰は当たらないでしょう

 

ひらめちゃんが出戻りするよりも、
くらっちであれば、
凱旋感がよりありますから、
「おめでとう」という気持ちも、さらに増したのではないか、
勝手に思っています

 

スポンサーリンク

トップスターと縁があろうがなかろうが劇団推しがあればトップ娘役になれる

次に空きが出るため、
考えられるのは、次期月組トップ娘役です

 

れいこさん(月城かなとさん)との関連は、
バウ初主演『銀二貫』時のヒロインをくらっちが演じています
全く縁がないというわけではないので、
候補の1人としては考えられなくはないです

 

ですが、
私は咲ちゃん(彩風咲奈さん)の本命として、
くらっちを推していたため、
れいこさんの相手としては、全く考えていませんでした

次期雪組トップ娘役&月組トップ娘役候補を再考

 

とはいえ、
ひらめちゃんや、
ゆきちゃん(仙名彩世さん)のように、
何が起こるのかわからない、というのがトップ娘役人事です

 

ひっとん(舞空瞳さん)のように、
ことちゃん(礼真琴さん)と全く無縁の状態で、
結ばれるトップコンビもあります
こっとんは、
後付けで、初舞台が云々かんぬんありますけど、
あれは完全に後付けでしょう…(^_^;)
今までの宝塚歌劇団では、
こっとん系のトップコンビは非常に多く存在します

 

100周年以降ですと、
かのちゃん(花乃まりあさん)もまさにソレ!
縁もゆかりもなく、
劇団の劇推しから、みりおくん(明日海りおさん)の相手役になってます

 

みゆ姫(咲妃みゆさん)も同様です

 

100周年前に就任した、
みりおん(実咲凛音さん)も同じくです

 

そのため、
多少の縁があれば、より想像がつきやすいですし、
全くの縁がなくても、
劇団推しという劇団愛があれば、
バンバン推されてトップ娘役に就任させます

 

実際には、
候補者の中から選ぶという形なのでしょうけど…(それが劇団推し)

 

スポンサーリンク

近年も相思相愛なトップコンビに見えても元は劇団推しが主流

例を挙げるとすると…
だいきほも、
そういう感じでしょう

 

だいもんさんは1度も、
まあやちゃん(真彩希帆さん)を直に選んだ、とは言ってません
むしろ、
まあやちゃんなんだ(に決まったんだの意味)…」、
というニュアンスだったように記憶しています(←うろ覚えです)

 

これはまあやちゃんが嫌というニュアンスではなく、
だいもんさんが、
まあやちゃんになった決まったことを知らなかった
というニュアンスです
自身で選んで希望が絶対に通るのであれば、
そんな驚く感じでもないでしょうから…

 

もちろん、あくまでも、
何名かいる候補の中から、
「この人がいい」となるんだと思います
その中に、
自分のカラーと合う娘役さんを選んでいるのでしょう

 

その候補者は、当然劇団推しです

 

だいもんさんも、
歌唱力があるまあやちゃんがいいかな、となり、
それが通ったということなのかな、
勝手に想像しています

 

みっちゃん(北翔海莉さん)も当初の希望が通らず、
歌が上手な人がいい、となり、
風ちゃん(妃海風さん)に決定したと言われています

 

トップスターが選んだというわかりやすい事例は少ない

むしろ逆に、
モロに、
トップスターの意向が飲まれているのだとわかる事例として、
如実に声が反映されているというのは、
ゆきちゃんやひらめちゃんくらいでしょう
この2人のトップ娘役の方が珍しいのです

 

ひらめちゃんが、
咲ちゃん(彩風咲奈さん)が望んで…じゃなければ、
むしろ怖いです

 

劇団の96期激推しに眩暈がするからです…(◎-◎;)

 

研11でのトップ娘役就任は、
ヅカファンとしては、
素直に嬉しいですし、手放しで大喜びですが、
過去には、
もっと他に実力も美しさもある娘役は存在していましたから…
96期問題をなかったことにしようと劇団が躍起になってる、
疑ってしまうような事例です…(^_^;)
そのため、
咲ちゃんが懇願して選んだ、くらいであって欲しいですw

 

実際のところは、
じゅんはなちゃん(潤花さん)でほぼ決まりだったのが、
なにかが生じて急に変えられたのではないか、
というのが真相で、
そのために、
咲ちゃんの希望が通ったということでしょう
もちろん憶測ですが…(^_^;)

 

そして、
上級生のトップ娘役就任が、
今後も多くなるかといえば、そんなことはないでしょう…
これまでどおり、
だいたい研5~研7以内の就任に収まると思います

 

いずれにせよ、
トップ娘役の人事は、基本は劇団推しです
本当のゴリ推しもありますし…

 

選ぶ選択などなく、
与えられたトップ娘役でコンビを組む…
そういうトップスターが多いです
昔はこれが非常にわかりやすかったです

 

星組の前トップスターのさゆみさん(紅ゆずるさん)も、
「(トップ娘役は)あーちゃんなんだ」と言ってましたから、
劇団からの提案という提示がされるのでしょう

 

スポンサーリンク

有沙瞳は当面は星組から動かないだろう

さて、
話はくらっちに戻します…

 

雪組の候補から外れてしまったくらっち
そもそもとして、
候補にあがっていたのかどうかすら想像でしか語れませんけど、
ひらめちゃんが選ばれる以上、
候補の1人ではあったのではないか、と思われます

 

そして、今後ですけど…
くらっちにもまだチャンスがあるというのは、間違えていないでしょう
可能性としてはゼロではないからです

 

ただし、
れいこさんとの学年が近すぎるのと、
れいこさんがそこまでくらっちを推すのかどうかが、
ものすごく疑問ですけど…(^_^;)

 

上記で語っているひらめちゃんは、
あくまでもイレギュラー対応でしょう
そのイレギュラーが連続して起こるというのは、
なかなか難しいように感じます

 

とはいえ、
可能性があるのであれば考察することも大事
なんとなく頭の片隅には置いてあります

 

なにせ、
くらっちは強力なカードを揃えているので、
考察上、無視というわけにはいかないでしょう

有沙瞳はここでも強い!轟悠の相手役…ヒロインカードをチェック…今後発動する?

 

顧問(轟悠さん)の相手役を務め、
スポンサーまでついているとなれば、
ヒロインカードの強さでいえば、群を抜いています
ここまで、強力に集まっているのも珍しいほど…
逆にいえば、わかりやすいほどわかりやすいのが欠点

 

で、今回の星組『ロミオとジュリエット』の一部配役に、
くらっちの名前がしっかり出ていました
前回も語りましけど、
くらっちが演じる乳母は、非常に大事な役なので、
ロミジュリにおいては、大役と言っても過言ではありません

 

一部配役に名を連ねている時点で、
しっかり娘2の役目は、果たされていると感じます

 

ただその一方で、
月組のたまさく退団公演が、
星組のロミジュリ東京宝塚劇場公演と重なります

 

・宝塚大劇場・月組『桜嵐記』:2021年5月14日~6月21日
・東京宝塚劇場・星組『ロミオとジュリエット』:2021年4月16日~5月23日

 

少なくても、
近年の風潮である1作前に組替えし、
退団公演に出演するということが出来なくなりました

 

あとは落下傘のみ!

 

うーん…
さすがに月組トップ娘役は厳しいかな…(´・ω・`)
今の風潮としては、
落下傘はかなりキツイような…
確率ゼロとは言いませんけど、90%以上は難しいでしょう
一応、10%残しておきます

 

10%の根拠はありませんけど、
想像と憶測の話なので、絶対はないからです…(^_^;)

 

心情としては、
なんとかくらっちに…とは思っていますけど、
非常に難しいと感じています

 

次回は月組トップ娘役候補についてです…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
学年でみる海乃美月と有沙瞳のトップ娘役の可能性

 

コメント