次期雪組トップ娘役&月組トップ娘役候補を再考

宝塚考察



本日、公式HPにて、
宙組のさおくん(美月悠さん)と、
星組のりらちゃん(紫りらさん)のメッセージが、
配信されました!

 

キリリとカッコイイさおくん
そして、りらちゃん!
さおさん、ありがとうございます!
りらちゃんのお姿見れて嬉しい♪
これで我が愛する星組95期生は、
全員見れました!

 

次回は、
宙組のあおいさん(美風舞良さん)です
宙組生の割合が少なかったので、
ポンポンと繋がるのは嬉しいですね♪

 

今回は昨日語れなかった、
次期雪組と月組トップ娘役を語ります

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

次期トップ娘役の人事について

公演再開のアナウンスが無い限り、
どうにもなりませんけど、
気になるのは、
今後の人事の動きです

 

ここのところ、
今の現状でどうなるのかな、
というぼんやりとした記事を更新しました

宝塚歌劇団の人事の影響を考える…公演中止における新人公演の今後

愛月ひかる&95期4人のトップスターの可能性を考える…公演中止の影響はあるのか

 

今回は、
次期トップ娘役について、
語りたいと思います
本当は、
前回この記事にしたかったんですけど、
「お慕い芸」のことを語り出したら、
すごく長くなったので、
一旦切った次第…(^_^;)

 

空席ができるのは、
雪組、月組です
もしかしたら、
宙組もそろそろだったのかもしれません
こればかりは、
何とも言えませんけど…

 

就任したばかりの花組と、
星組は今回除外とします

 

スポンサーリンク

空席ができる順番は変わらない

真っ先に空席になるのは、
雪組さんで間違いないでしょう
やはり、
公演が遅れるとはいえ、
まあやちゃん(真彩希帆さん)の退団が、
極端に延長されることはないでしょう

 

コロナの影響がどのくらいなのかはわかりませんが、
まあやちゃんの次の人生は、
決まっていると思われます

 

宝塚史上でも、数少ない、
真の歌姫トップ娘役が何もないのは、
ちょっと考えられないです
最悪、夢組もありますし…(この状況では本当にできるのかは不透明になっちゃってますけど…)
まあやちゃんの歌の実力なら、
観客も動員できるでしょう

 

ただこういう状況ですと、
経済が停滞していくこともありますので、
退団後の動向が発表されるまでは、
何とも言えませんが…

 

いずれにせよ、
新陳代謝を余儀なくされる宝塚歌劇団において、
退団者が出るというのは大事なこと
辞める人がいなければ、
組子の数が膨れ上がりますから…

 

スポンサーリンク

トップ娘役候補をチェック

トップ娘役候補として、
別箱ヒロインまで経験している娘役さんはこうなります

①朝月希和(花組)
②音くり寿(花組)
③海乃美月(月組)
④天紫珠李(月組)
⑤彩みちる(雪組)
⑥有沙瞳(星組)
⑦小桜ほのか(星組)
⑧遥羽らら(宙組)
⑨天彩峰里(宙組)
⑩潤花(宙組)

 

じゅんはなちゃん(潤花さん)は、
組替えが発表されているので、
宙組に入れてます

 

さらに、
上記に追加するとすれば、
別箱ヒロインはしていませんが、
劇団の推しを感じるのが、
宙組のあやちゃん(夢白あやさん)でしょう

 

雪組トップ娘役候補

全員候補と言えば、
候補なんでしょうけど…(^_^;)

 

咲ちゃん(彩風咲奈さん)が、
次期トップスターということは、
ほぼほぼ変わらないと思っています
以前にも語りましたけど、
発表があるまでは、「絶対」ではないので、
ほぼほぼということにしておきますが、
まず間違いないでしょう

 

その咲ちゃんと、
ずっとコンビを組んでいて、
相性も悪くなかったじゅんはなちゃんが、
宙組に組替えになるということは、
宙組に出されるわけです

 

じゅんはなちゃん以上に、
咲ちゃんと相性が良さげな娘役さんか、
劇団が激推しする娘役さんか、
ということなのだと思います

 

スポンサーからヒロイン、
咲ちゃんとの関連性を考えると、
やはり、
くらっち(有沙瞳さん)は強いなぁと感じます

 

咲ちゃんの売りはダンスなので、
ダンサーのじゅんはなちゃんを宙組に出してまで、
相手役に選ぶとなると、
くらっちが最有力になります

 

海ちゃんも強いですが、
咲ちゃんとの縁を感じると、
かなり分が悪いです
海ちゃんだったら、
みちるちゃん(彩みちるさん)の方が、
より有力候補だと思います

 

何でもできるひらめちゃん(朝月希和さん)は、
花組に出戻った以上、
また雪組に帰るということはないでしょう

 

ダンサーという意味であれば、
じゅりちゃん(天紫珠李さん)があげられます
破線上ではありませんでしたが、
理事(轟悠さん)のヒロインも務めていますので、
かなり強力ではあります
身長もありますから

 

咲ちゃんが歌唱力難ということを考えると、
みちるちゃんや、
じゅりちゃんは厳しいかなと思います
それであれば、
新鮮味はゼロですが、
じゅんはなちゃんでよかったわけですから

 

スポンサーリンク

雪組トップ娘役候補3人

私的に考える雪組トップ娘役候補はこうなります
強い方が上です

 

①有沙瞳
②彩みちる
③天紫珠李

 

消去法で考えても、
咲ちゃんの縁を考えても、
実績を考えても、
くらっちなのかなぁという気がします
くらっちは、
ヅカ歌唱としてはOKですし…

 

月組トップ娘役候補

何でもアリの月組なので、
非常に予想がしづらいですが、
普通に考えてみます

 

トップスターが誰になるのかも、
非常に難しいところではありますが、
順当に、
れいこさん(月城かなとさん)だとします

 

月組では、
とにかく1番実績があり、
お待たせ状態になっているのが、海ちゃん(海乃美月さん)

 

『I AM FROM AUSTRIA』では、
トップスターの母親役を演じましたけど、
役の少なさもありますし、
ゆきちゃん(仙名彩世さん)が、
後の相手役となる、
みりおくん(明日海りおさん)の伯母役を演じていますから、
あり得なくはありません

 

私的には、
海ちゃんの問題は、
もっと違うところにあると思ってます

海乃美月がトップ娘役になるとしたら…そのことに思うこと

 

次に候補にあげられるのは、
雪組でも候補にあげましたけど、
月組のじゅりちゃん!
こちらも実績からです

 

あとは、
あやちゃん(夢白あやさん)も加わると考えます
今後、
別箱ヒロインを演じるのが間に合えば、
十分可能性はあるでしょう
宙組での激推しぶりを見ると、
じゅんはなちゃんが来る以上、
どこかに組替えをするのかも
というのは予測できます

 

れいこさんの全国ツアーは、
上演できるのかが不明ですけど、
ここでのヒロインが誰だったのかが、
非常に気になります
この相手次第では、
次期トップ娘役が見えてたでしょうから…

 

そして怖いのが、
当初から変わっている可能性があるということです

 

スポンサーリンク

月組トップ娘役候補3人

月組は本当に難しいですけど、
私的に予想するとすれば、こうなります

①天紫珠李
②海乃美月
③夢白あや

 

これは消去法です
海ちゃんは研10なので、
公演再開が遅れれば遅れるほど、
就任へのチャンスが、
削られていくと考えています
コロナの影響がなければ、
かなり有力候補だとは思いますけど、
現状はどんどん厳しいような…

 

それと、
やはりヒロインやオイシイ役を独占しすぎていること
これが大きい

 

ただれいこさんとの並びや、
相性は非常にいいので、
望みはあると思っています
それと、
海ちゃんのバックボーンかな
ただこれも、
とっくに発動してもおかしくないので、
今更感はあります

 

じゅりちゃんを1番にしたのは、
単純に実績と劇団推しぶりです
れいこさんとの相性がどのくらいいいのかは、
不透明ですけど、
歌難なのが残念なところ
れいこさんは芝居に特化するでしょうから、
芝居力はあるので、
そういう意味では相性が良いとも言えます

 

あと101期からトップ娘役を出すとなると、
目ぼしい候補は、じゅりちゃんだけです
おそらくトップスターとしては、
ちさとくん(縣千さん)が最有力候補でしょうけど、
トップ娘役を出せるのであれば、
それにこしたことはありません

 

私的本命はあやちゃんです
でも、あやちゃんは、
別箱ヒロインを務めてませんので、
このメンバーの中では見劣りします
今慌てなくてもと思いますけど、
今後しばらく空きが出ないのであれば、
思い切ってトップ娘役ということも、
あり得るのかもしれません

 

就任する時には研5ですから、
若すぎるということもないでしょう

 

私の本音としては、
歌唱力のある娘役さんに就任して欲しいのですが、
上記にあげたメンバーだと、
おとくりちゃん(音くり寿さん)、
ほのかちゃん(小桜ほのかさん)、
じゅりちゃん(天彩峰里さん)になりますが、
怖ろしいほど、れいこさんとの相性が良くなさげ…(^_^;)

 

れいこさんには、
美男美女カップルで、
芝居上手の方が似合っていると思います

 

これがキキちゃん(芹香斗亜さん)が月組トップスターになる
ということであれば、また話は変わってきます…

 

ということで、
めちゃくちゃ長くなったので、
今回は終わります

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚歌劇のトップ娘役における真のお慕い芸は実力でサポートすること…決してぶりっ子芸ではない

 

コメント