宝塚106期生のお披露目が公演再開第1弾!?それは『アナスタシア』?華形ひかるの退団公演は?

つぶやき



先日、
いつもの大尊敬のブログ、
心は青空♪のhappy様が、
今後の公演について話をされてました

106期生 初舞台を踏むのは東京公演から?

その後、
気になったのと、
前回のみりおくん(明日海りおさん)の記事を、
無断でリンクしたので(笑)、
その承諾もいただきましたw

 

そこで聞いたところ、
なるほどね~だったわけですけど…

 

そこで思ったのが、
106期生の初舞台お披露目をするために、
東京公演は、星組をすっ飛ばして、
月組からなのかな?
…という部分…

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

106期生のお披露目が宝塚大劇場でないなんてあるのだろうか?

前回、
私が予想を立てたのはこちらです

宝塚公演スケジュール考察…最優先はだいきほ&たまさくの退団者あり公演から考える

 

私の場合、
大劇場はこの順番で考えました

①月組『WELCOME TO TAKARAZUKA』『ピガール狂騒曲』(106期生初舞台)
②雪組『f f f』『シルクロード』(だいきほ退団)
③花組『はいからさんが通る』
④宙組『アナスタシア』
⑤月組『桜嵐記』『Dream Chaser』(たまさく退団)

 

理由については、
上記の記事で読んでいただければと思います

 

私的には、
東京公演は、
星組の『眩耀の谷』『Ray』からにしました
あとは、
大劇場に続きます

 

月組を最初にしたのは、
106期生のお披露目をする必要があるのと、
華形ひかるさんをお見送りする必要があるからです

 

とにかく退団者を送り出すというのが、
先決ですし、
宝塚歌劇の大事な伝統ですから…

 

スポンサーリンク

星組の東京公演がなくなる可能性はあるのかも

私はあくまでも、
みつるさん(華形ひかるさん)の退団公演
ということを念頭に置きましたが、
実は星組『眩耀の谷』『Ray』では、
星組生は誰一人退団者がいない公演でもありました

 

退団されるのは、専科のみつるさんだけ

 

もし、
退団者の贐だけを重視するのであれば、
月組で合流し、
フィナーレで階段降りというのも、
あり得なくはないでしょう

 

お稽古も、
初期~中盤の段階だったと思いますし、
ブランクもあるので、
修正をしようと思えばできなくはないです

 

みつるさんの件は、
そういう対応が出来なくはないと思います

 

でも、
そうなると、
106期生の大劇場の初舞台がなくなるなんてこと、
実際にあるのでしょうか?

 

そこが疑問です

 

スポンサーリンク

やはり106期生お披露目が公演再開のような気がするけど…『アナスタシア』かな?

106期生が本拠地である宝塚大劇場の舞台を踏まずに、
いきなり東京公演が初舞台になるのでしょうか?

 

そこが非常に疑問に感じています

 

それとも、
大劇場1発目を予定している『アナスタシア』で初舞台なのかな?

 

その方がしっくりいく感じがしますね

 

フィナーレで場面をもらって、
口上をフィナーレ冒頭にして…かな?

 

『アナスタシア』を公演再開1本目というのは、
めちゃくちゃ話題作ですし、
落ち込む観客動員を伸ばす意味でも、
非常に有効的ではあります

 

そして、
月組の『ピガール狂騒曲』で、
みつるさんは退団かな?

 

みつるさんは、
月組さんとはご縁がありますし、
しっくりいく感じがあります

 

しかし、
もし上演順番が、
これまでと変わらずであれば、
花組1本目よりも、
星組の本公演2作目の『ロミオとジュリエット』の方が、
先になる予定なのですね…

 

版権あるからなぁ
回収しないといけない分、
とっとと上演して、
次々にロミジュリ再演祭りをする作戦なのかもしれません
もしそうであれば、
後ろがつかえている感がスゴイです…(^_^;)

 

ちなみに、
大劇場では、
宙組→雪組→星組→花組で、
東京は、
月組→宙組→雪組→星組→花組になります

 

今回のお話は、
貸切公演の話なので、
あくまでも劇団公式ではありません

 

当然変わる可能性は十分なので、
間に受けないでくださいね♪

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚公演スケジュール考察…最優先はだいきほ&たまさくの退団者あり公演から考える

 

コメント