和希そらは文句なしだが天彩峰里が素晴らしかった!『夢千鳥』

宙組



本日は、
楽しみで楽しみで仕方がなかった、
そらくん(和希そらさん)主演のバウ主演
『夢千鳥』を視聴しました!

 

まずは一言!
ディレイ配信をしてくださり、本当にありがとうございました!

 

大尊敬のブログ様が、
大絶賛していたこの『夢千鳥』を、
多少日程がズレたにせよ、
視聴する機会が出来たことが、
この上なく幸せです!

 

生観劇のご予定だったファンの方々は、
とても残念でしたでしょうけど、
なんとか上演期間からそんなに遅れずに、
観ることが出来て嬉しかったことと思います

 

この作品をこうやって、
全国のヅカファンが見れる喜びというのは、
こういうご時世だからです

 

本当にありがたかった…

 

また、
オープニングでは、
そらくんが語ってくださったことも、
ファンには嬉しいサプライズプレゼントでした♪

 

ディレイ配信だからこそ、ですね

 

ということで、
今回は素晴らしかった『夢千鳥』の主演とヒロインについて、
語ろうと思います

 

キャストの感想については、また後日…

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

栗田優香の脚本と演出・構成が素晴らしかった『夢千鳥』

最初にこの『夢千鳥』は、
栗田優香先生のバウデビュー作です

 

まずは栗田先生に絶大なる拍手を送りたいです
素晴らしい脚本と演出でした
愛を求める竹久夢二を非常に魅力的に描き、
夢二にまつわる3人の女性、
そして、
仲間たちや携わる人々との関係性が、とても明確で、
しかも、複雑でありつつも、
情熱的で、どこか退廃的で、儚い…

 

見た目にも美しい場面展開と、
舞台セットの構図も、
非常にわかりやすい上に、効果的でした

 

本当に素晴らしかった!
これはもはや名作と言ってもいい作品でしょう

 

宙組生の起用の仕方もよかったですし、
歌える人にはきちんと歌声を聴かせてくれましたし、
ごちゃごちゃになりがちな、
夢二と映画監督の白澤優二郎との対比や、
場面転換もとても上手でした

 

だからこそ、感情移入をし、
集中してお芝居に没頭することができたのです

 

これだけのオリジナルをバウ公演で、
というのももったいないですけど、
いつか本公演でご活躍されることを楽しみにしております

 

フィナーレも言うことなし!

 

そらくん中心の男役群舞、
娘役とのダンス、
ヒロインの見せ場や、
ロケットまで、
ミニ本公演のようで素敵でした

 

スポンサーリンク

さすがに上手かった和希そら!

前回のそらくんのバウ主演は、
ショー形式の公演でした
歌って踊れるショースターのそらくんには、
よい舞台だったと思います

 

ですが、
せっかくの主演となれば、
お芝居でも見てみたい、というのがファン心理です

 

研12というヅカでは円熟味が増してくる学年で、
そらくんがどういうお芝居を見せてくれるのか、
とても楽しみであり、大注目でした

 

そらくんは歌上手ですから、ここは問題ありません

 

そらくんが本公演や別箱のキャストを経て、
今回主演を務めたわけですけど、
難役を乗り越えてきた演技力が、
このお芝居で見事な花を咲かせていました

 

そらくんの欠点でもあった演技力でしたけど、
『WEST SIDE STORY』のアニータ役あたりから、
演技力が開花し、
今ではどんな役でもこなせるほどの実力をつけました

 

しかも、男役独特の色気も申し分なし!

 

決してビジュアル系のジェンヌさんではないのですが、
ほとばしるただならぬ色気ある夢二を、
そらくんはとても魅力的に演じていました

 

あれはほだされてしまうよ…女性たちは…
そういう危うさと色っぽさと少年っぽさ、
そして、絵の才能という夢二が、
あたかも現実に降臨したかのようでした…

 

そして、
映画監督の白澤優二郎
夢二と似て非なる人物なのですが、
かなりリンクされつつも、別人物

 

このあたりの演じ分けは大変でしたでしょうけど、
本当に素晴らしかった!

フィナーレも、
真ん中でスポットライトを浴びる、
和希そらのカッコイイことったらなかったです!
コレコレ!
実力があるからこそ、
みんなを引っ張っていける強さと頼もしさを感じました

 

次は別箱主演でのご活躍が観たいですね
せっかくの逸材なのですから…

 

スポンサーリンク

天彩峰里が素晴らしすぎた!そして泣けた…

今回主演のそらくんはめちゃくちゃ素晴らしかったのは、
上記で語ったとおりなのですが、
もう1人大活躍だったジェンヌさんは、
私的には、じゅりちゃん(天彩峰里さん)を上げたいです!

 

じゅりちゃんの成長ぶりにドビックリでした!

 

じゅりちゃんと言えば女神の歌声で、
歌うまジェンヌであるのですが、
どうしてもその美声に耳も目も行きがちです

 

今回のヒロイン妻の他万喜と、
女優の赤羽礼奈という2役を演じたのですが、
これが見事な女っぷりでした

 

今までのじゅりちゃんといえば、
可愛い女の子や女性を演じることが多かったですし、
前回別箱でヒロインを演じた『群盗』でも、
愛らしい役でした

 

前回の本公演『アナスタシア』 では、
少女時代のアナスタシア役!
そして、今回はいきなりの大人な女役!
しかも、かなりの色気が必要となる難しい役です

 

じゅりちゃんは、
可愛らしい容姿で、
決して美貌の持ち主という、
タイプの娘役さんではありません

 

ですが、
今回めちゃくちゃ色気があり、
大人の女性を演じ切ってました
色気もダダ漏れで、
仕草も思わせぶりで、
そりゃ夢二も好きになるわ、という女性でした

 

しかも、
かなりの情念の持ち主であり、
やっかいな女性でもあるわけです

 

一歩間違うとただの「怖い女」になりかねないところを、
どこか儚げで、寂しげな他万喜を好演されてました
もうじゅりちゃんの場面が1番ドキドキして見てましたから…

 

そして、
歌の場面では透き通るような美しい歌声…
讃美歌がよく似合ってました

 

私的に星組贔屓のせいもありますが、
じゅりちゃんがこうやってものすごく成長されている姿を見て、
なんてもったいないんだろう…と思ってしまった次第
トップ娘役になってもおかしくない素晴らしい娘役さんですから…

他万喜も礼奈もいい女でした!

 

あと、私的には、
なぜかじーんとしてしまったのが、
そらくんとのデュエットダンスの場面

 

あおいさん(美風舞良さん)の歌う「夢路より」と、
そら&じゅりのコンビの幸福度が相まって、
とても心に響いちゃったですよね…
これはもしかしたら選曲の良さと、
あおいさん効果もあるかもしれませんけど、
じゅりちゃんの幸せそうな姿は忘れないです

 

このデュエットダンスで涙が止まりませんでした

 

夢二と夢路をかけての選曲なのでしょうけど、
とてもよかったです

 

美風舞良の最後の宙組作品

最後にご挨拶がありましたが、
あおいさんはこの『夢千鳥』を最後に、
宙組から花組へと組替えされます

 

あおいさんは、元花組生なので、
実家に戻るような感じでしょうけど、
そうは言っても、
宙組の立ち上げメンバーでしたから、
思い入れもひとしおだったと思いますし、
宙組生にとっては、
頼れる副組長さんだったことでしょう

 

素晴らしい歌声で、
今回の作品に花を添えてましたけど、
上記のデュエットダンスでの歌声が最高でした!

 

花組でも、
副組長としての役割はもちろんですけど、
歌支えとしてもご活躍されると思います

 

宙組生はあおいさんを見つめる目が温かくて、
こちらまで胸が熱くなってしまいました

 

今回の宙組の2チームとも、
どちらも素晴らしい舞台作品でしたし、
演者も適材適所で大活躍でした

 

今まさに充実期を迎えている宙組ですけど、
ここまで成長できたのは、
組長さんや副組長さんが、
上手にまとめてらしたというのもあると思います

 

今まで宙組を見守ってくださりありがとうございます!
そして、
今度は花組をよろしくお願いいたします!

 

いろんな意味で、
『夢千鳥』が配信してくれて、
本当によかったです!

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
ファンの声が届いた!?和希そらの『夢千鳥』が配信決定!『ロミジュリ』も無観客ライブ決定!…嬉しすぎて最高!

和希そら『夢千鳥』が見たい…宝塚歌劇は番手重視なのはわかるが…

 

コメント