瀬戸かずやと水美舞斗の今後を考える…2021年度の花組

花組



本日、公式HPにて、
東京宝塚劇場で劇場運営スタッフの方が、
コロナに感染したと発表がありました
幸い、濃厚接触者はいなかったとのことで、
公演に影響はない模様…

 

公演のことはよかったですけど、
感染された方は重症化せず、1日も早いご快復をされますように…

 

しかし、
劇場のスタッフの感染は、
昨年星組でも1人出てしまい、
公演中止になりましたけど、
スタッフでもどういう仕事をされていたかによるんでしょうね…
これだけ連日感染者が増加しているので、
私自身も予防を徹底したいと思います

 

さて今回は、
あきらさん(瀬戸かずやさん)と、
マイティー(水美舞斗さん)について語ります

 

ご卒業のことも含めて語りますので、
そういうのが苦手な方はご遠慮ください

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

水美舞斗のDSの変更と美園さくらの前売り保留

昨日は、
雪組の別箱振り分けのことを取り上げましたので、
マイティー(水美舞斗さん)のディナーショーと、
さくらちゃん(美園さくらさん)のミュージックサロンについては、
触れませんでした

朝美絢『ほんものの魔法使』ヒロインは野々花ひまり!夢白あやは全ツ組…雪組別箱振り分け決定!

 

さくらちゃんのミュージックサロンは、
とりあえずチケット販売を見合わせるという状況です
開催は3月なので、少しでも収まってくれたらいいのですが…

 

最悪は無観客ということもあり得るのかもしれません
でも、なんとか客入れはしてほしいですね
最後ですし…

 

マイティーのディナーショーの今回の変更点です

・ディナーショーではなく「食事なし」へと変更
・タイトルがディナーショーから「スペシャルライブ」
・料金が変更。28,000円→16,000円(税サ込)
・来場を取りやめる方には料金全額を払戻し

 

以前、たまきちくん(珠城りょうさん)のディナーショーが、
コンサートに変更したことを語りましたけど、
時期が多少前にズレていた幸運もありますが、
たまきちくんのコンサート形式への変更は正解だったということです

月組『ダル・レークの恋』ヒロインに海乃美月&珠城りょうのDSがバウコンサートへ…

 

やっぱり、
冬にコロナが再度流行するというのは、
大方の見込みでありましたので、
この時期である以上、
コンサート形式の方が得策だったと思います

 

たまきちくんの場合、
残念だったのは東京開催がなくなってしまった、ということだけです
でも結果としてライブ配信があったわけですし、
よかったのではないでしょうか

 

会場はホテルのままなので、
場所が変わるわけではありませんので、
料金も安くなったとはいえ、ホテルの会場価格です…(^_^;)

 

あの雰囲気は食事があってこそだと思うのですが、
現在は飲食にバッシングが多いので、
仕方がないのでしょう

 

でも、ホテルはどこも大変なので、
とにかく無事に開催されればいいと思っています
私もめっちゃ忙しいのですが、
なんとか視聴したいです!
間に合いますように…

 

スポンサーリンク

気になる『アウグストゥス』の集合日

ここに来て、
いろいろ更新されてバタバタしていますけど、
同時に、ジェンヌさんの去就についても、
少しずつ出てくるのかなと思っています

 

次の集合日となるのは、花組です
今は『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』と、
『PRINCE OF ROSES』に分かれていますが、
2月9日には、両方の公演が終了します

 

その数日後に、
『アウグストゥス』の集合日になるわけです

 

この演目では、
トップ娘役の華ちゃん(華優希さん)が退団を表明しています
それに合わせて、
退団者が現れるのかが注目と同時に、
心配と不安になるわけです

 

花組は大劇場ベースでは、
2021年内に2本の本公演がありますので、
1本目の『アウグストゥス』だけではなく、
2本目の可能性もあります

 

星組ほどの大人数ではないにせよ、
2021年には新しく107期生が入団するわけですから、
その人数分の退団者が出るのは当然のことなので、
2021年度内で数人の退団者が出てしまいます

 

スポンサーリンク

瀬戸かずやの去就と水美舞斗の行く末

ここで気になるのは、
あきらさんマイティーです

 

あきらさんは現在花組2番手ですけど、
実質は2番目です
決して次期トップスターになる2番手ではありません(と私的には勝手に思っているだけですけど…)

 

あきらさんは90期生なので、
2021年度の4月には学年は研18になります
スミレコードな年齢も含めると、
まだまだ頑張るというよりは、
そろそろ後進に道を譲るという時期が来てもおかしくはありません

 

それが退団となるのか、
専科へ組替えして現役を続けるのかはわかりませんけど、
そんなに遠くない日に決断がくだされるのではないか、と思っています

 

さすがに次回作『アウグストゥス』で、
華ちゃんと一緒に退団というのは立場上厳しいと思いますので、
1作ズレて、2021年大劇場2作目での退団になるのではないのかと考えられます
あくまでも、私的な勝手な憶測ですので、
そこはご理解いただきたいです

 

同様に心配なのが、マイティーです

水美舞斗は救われないのだろうか…95期スターに対する本音 2020【95期・神7】

 

あきらさんが卒業となった際、
あるいはなる際に、マイティーがどうなるのかが心配です
本来は「注目」と言いたいのですが、
マイティーに関しては明るい兆しがどうしても見出せません
気のせいだと思わせてくれるような人事だといいのですが…(´・ω・`)

 

スポンサー付きの永久輝せあが控えていることが大きい

以前からお伝えしているどおり、
花組には、
VISAがスポンサーについているひとこちゃん(永久輝せあさん)が控えています
遅かれ早かれ2番手に昇格して、
いずれはトップスターになるでしょう

 

他組でのトップスターというのも無きにしも非ずでしょうけど、
VISAというスポンサーがついている以上、
花組ですんなりトップスターに就任というのが、
1番のように思います

 

せいぜい古巣での返り咲きトップスターでしたら、
悪くないとは思いますけど、
咲ちゃん(彩風咲奈さん)がこれから就任すると考えると、
3作先にアドバンテージのあるカレーくんからのバトンタッチの方が自然でしょう
学年も年齢も若くしてトップスターに就任したので、
研15くらいでの退団は早すぎような気がするのがネックですけど、
それ以外は妥当なラインだと思います

 

研12以前は長期ラインであることを踏まえると、
カレーくんもまだまだ健在でしょうけど、
他の組で空きが出そうにないことを考慮しても、
カレー⇒ひとこ、なんだと思われます

 

今回語りたいのはそこではないので、
話を戻しますけど、
そうなるとはやり、花組の路線の話は、
カレー⇒ひとこ⇒あすかというラインになってしまうわけです

 

ここにマイティーの名前はあがりません

 

以前から何度も語ってますが、
組替え云々というのも、非常に難しいでしょう
たとえ専科に行ったとしても、
愛ちゃん(愛月ひかるさん)のような逆転劇を得るには、
状況が厳しすぎますし…

 

仮に花組のままだとした場合、
ここで路線として一区切りさせて、
別格への道を歩むのかが鍵になります
マイティーの場合は人気が非常に高いので、
人気スターを保持しつつの別格になるでしょう

 

それをヨシとするのであれば、
まだまだご活躍できますし、
ファンも嬉しい限りなのですが、
トップスターに固執しているというのであれば、
モチベーションとしても難しいと思われます

 

私的には、
まだまだ宝塚歌劇団でのマイティーを観たいですが、
そこはマイティーの意志を尊重したいです
頑張るというのであれば、
これまでどおり全力で応援しますし、
卒業という選択をするのであれば、
その後の人生も応援してあげたいです

 

スポンサーリンク

いずれ訪れる日には…

あきらさんにせよ、
マイティーにせよ、
いずれご卒業の日は来るでしょう

 

その時だけでもいいので、
2番手の大羽根を背負った姿を見てみたいです

 

あきらさんにはその資格もありますし、
精神的にカレーくんを支えたという功労者でもありますから、
その可能性はゼロではないですし、
ヅカファンにとっても素敵な思い出となるでしょう
そういう粋な計らいがあることを願っています

 

マイティーにもそういうチャンスがあればいいのにな、
と感じています

 

もちろん、
いい方向に向かうこともゼロではありませんが、
今の私的な気持ちとしては、
どうしてもこういう方向に思いがちなのです

 

スペシャルライブが、
マイティーにとっての素敵なショーになることを、
今から祈っておきます
客降りのサービスも出来ませんし、
構成も変わるのでしょうから、
藤井大介先生も頭を抱えるところでしょうけど、
マイティーや出演者の魅力は触れるショーになると信じて、
ライブ配信を楽しみにしたいです

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
水美舞斗は救われないのだろうか…95期スターに対する本音 2020【95期・神7】

水美舞斗は柚香光の支えポジションから脱却できるのか【95期・神7 考察】

コメント