望海風斗トートが圧巻!だいきほで『エリザベート』が観たかった&明日海りおのシシィは東宝でもOK

宝塚OG



昨日(3日)、
だいもんさん(望海風斗さん)のトート閣下と、
みりおくん(明日海りおさん)のシシィを見るべく、
『エリザベートガラコン』を視聴する気満々だったのですが、
どうしても外せない予定がその前日に決まりまして…(しかも深夜w)

 

5月5日に宙組と連続視聴しかないかな、と思ったら、
4日が追加配信になってました!
これはラッキー♪
ということで、
本日ぴあ経由で視聴しました!

 

ぴあもいろいろ大変でしょうから、
楽天やU-NEXT以外にも売り上げの機会をということなんでしょうか

 

で、その『エリザベートガラコン』ですが、
めちゃくちゃ良かったです!
…ということで、
明日も連続視聴しちゃうかも?w
まだチケット買ってませんけど、
気持ちがMAX状態なので、たぶん視聴すると思いますw(*´艸`)

 

感想はのちほど更新します

 

ここでは、
だいきほの『エリザベート』について、
ちょっぴり語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

望海風斗の圧巻のトート閣下!

私的には、
だいもんさんの現役時代には、
『ファントム』よりも『エリザベート』が観たかった
というのが本音です

 

やっぱりあの圧倒的な真の歌唱力で、
しかも低音の魅力があるというトップスターは、
なかなか誕生しません

 

ことちゃん(礼真琴さん)が真の歌唱力トップスターで、
これまた歌で魅了してくださいますが、
黄泉の帝王とか、闇の帝王という感じではありません
以前から、何度も語ってますけど…
キャラクターの持ち味がありますので…

 

その点、
だいもんさんであれば、
キャラクター性もトート閣下を演じられます

 

トートにピッタリのイメージなんですよね…

 

ビジュアルもクールであり、
冷酷さも出しつつ、
どこか不安定さな美しさを醸し出せる、
という点でも、トートが適任でした

 

ただ、
だいもんさんの思い入れや、
だいきほの思い出演目としては、
『ファントム』は必要でしたし、
実際に上演したみれば、
破綻したシナリオをものともしない、
素晴らしい感動作へと昇華させましたので、
『ファントム』は正解ではあったと思ってます

 

でも、やっぱりだいもんトートを、
宝塚歌劇団の雪組で観たかった…

 

本当に残念でなりません…

 

スポンサーリンク

タイトルロールの『エリザベート』シシィは作品の出来を左右する

そして、
なんといっても、ヒロインのシシィ!

 

正直『エリザベート』では、
どのトップスターがトート閣下を演じても、
なんとかなるというのが、
歴代のトート閣下を振り返ってみても、
よくわかります
どうにか対応して、
それをきちんと披露出来たというのは、
小池修一郎先生の演出のなさる術でしょう

 

これぞ座付き作家!
小池先生、さすがでございます

 

その一方で、
ものすごく作品の出来を左右するのが、シシィ!
最低限、
ある程度の歌唱力があるトップ娘役が演じないことには、
すべてが残念な結果になりかねません

 

宝塚歌劇の歴代シシィが歌唱力ありか、
といえば、全然そんなことはありませんが、
破綻していない程度の歌唱力は必須でしょう

 

あと、どんなに歌唱力があっても、
鏡の間での圧倒的な存在感を出すには、
どんなに美しいトップ娘役でも、
スター性を表現するのは難しいです

 

そのあたりは、
みりおん(実咲凛音さん)と、
ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)との対比が面白いですね
かたや歌唱力、
かたやスター性と演技力…
私的には、2人とも今でも大好きで、
OG作品も観劇に行くくらいのファンですけど、
大まかに評価するとこういう感じでしょう

 

スポンサーリンク

姫役者で歌唱力となると…?

本当は、
姫役者であることも重要(むしろ1番大事かも)ですけど、
もはや姫役者的なトップ娘役って、
ずーっと存在してませんので、これはかなり難しいです
仕方がないところです

 

で、姫役者はいないので、除外と考えた場合、
スター性(もしくはビジュアル)&演技力寄りよりも、
歌唱力で魅了してくれるシシィというのが、
非常に需要があります

 

むしろ、
今までの中でも、
歌唱力トップコンビでのエリザベートは、
オサミドくらいしか思い出せませんので、
ほぼいない状態です

 

私の愛するおはな様(花總まりさん)は、
完全に姫役者&ビジュアル&演技力の方…
歌唱力はヅカ歌唱的には歌えるという感じなので、
歌の人ではありません

 

おはな様が圧倒的なのは、あの姫役者ぶり!
今だに他を寄せ付けないほどの素晴らしい姫役者です
絶対に、王族の生まれ変わりだと信じて疑いません!(笑)

 

あと、
あやかちゃん(白城あやかさん)も、
おはな様とは別な意味で、
品格と美貌と演技力があり、
当時は歌唱力も悪くなかったので、
あやかちゃんも推したいです

 

真の歌唱力トップコンビのだいきほで『エリザベート』を上演してしまった場合

シシィ選びの難しさをちょっぴり語りましたけど、
ビジュアルという点では劣るのせよ、
真の歌唱力という点では、
まあやちゃん(真彩希帆さん)は素晴らしかった!

 

まあやちゃんのミラクル女神ボイスで、
『エリザベート』の楽曲を全部聴きたかったですし、観たかった…(´・ω・`)

 

だいもんトートと、
まあやシシィであれば、
永遠に語り継ぐことのできる伝説の上演となったことでしょう

 

…で、これが大きな問題点でもあったと思ってます(←勝手に思ってるだけですけどw)

 

 

『エリザベート』は、
宝塚歌劇団の至宝の作品です

 

海外ミュージカル初演を宝塚歌劇団で上演し、
以降も、ヅカファンのみならず、
ミュージカルファンにも浸透している人気の演目にまで成長した、
大事な大事な作品

 

ここで、
歌唱力で最高峰のトート&シシィを出してしまうと、
それ以降のトップコンビは、
大なり小なり、
いろいろ言われてしまうことは目に見えてます

 

どうしても比べられちゃいますからね
歌唱力トップコンビは宝塚歌劇団では、
なかなか出せないトップコンビですから…

 

私的には、
それぞれのご贔屓の『エリザベート』でいいと思ってますけど、
歌唱力という非常にわかりやすく、比較されやすいという点では、
かなり不利になってしまうケースがあります…

 

だいきほでの『エリザベート』が実現して、大成功だったかどうかは、
今とはなっては、過去のジェンヌさんなので、
正直わかりませんけど、
少なくても、トートとシシィの歌唱力には疑いはなかったでしょう

 

本当に観たかった…

 

これこそ適材適所で演じられた『エリザベート』になったでしょうに…

 

しかも、
伝説となっている初演の雪組でのカムバック公演!

 

いろいろ残念です…(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

みりおシシィが想像以上によかった!

みりおくんのシシィ、よかったですね~!
全幕、みりおシシィで観たかったですけど、
たぶん、無理させないようにということで、
ハードルを下げた形にしたのかな、と勝手に妄想

 

ねね様(夢咲ねねさん)、
現役時代よりは格段に歌が良くなりましたけど、
やはり音外しもあり…(^_^;)
そこはご愛敬でしょうか
ビジュアル系の方なので、
見た目が美しいという点ではよかったのではないでしょうか

 

ねね様のおかげで、
その分、みりおシシィのハードルは、
かなり下がったように感じました

 

あとは思い入れのせいもあるのでしょう

 

「みりおくん、大丈夫かな?」とハラハラしてましたけど、
大尊敬のブログ様が、
「よかったよ~」とおっしゃってくださったので、
とても楽しみに視聴!

 

元々、品のあるトップスターでしたから、
シシィが予想以上にハマっていたと感じました
歌は、まだよう精進(結構マジで頑張って欲しい)という部分がありますけど、
これから鍛えていくでしょうし、
元々歌える方なので、そこに期待したいです

 

これで、
次回の東宝版『エリザベート』のシシィには、みりおくんでしょうかね?

 

昨年は、
おはな様と、
ちゃぴちゃんのシシィが全部流れてしまったので、
リベンジで、トリオシシィで上演して欲しいです

 

おはな様がラストというお話もありましたから、
余計に、ラストが観たい…

 

そんなことをツラツラ感じた
『エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート』でした

 

明日は宙組の『ホテル スヴィッツラ ハウス』を視聴しますけど、
その前に、『エリザベートガラコン』を視聴しようと思いました!
あまりにだいもんトート&みりおシシィが素敵だったので、
急遽決定!(笑)

 

宙組、頭削れるかな?(^_^;)

…と思って、
今チェックしたら、ちゃんと間に合う時間帯でしたw
宙組が16時からだと思ったら、
購入が16時半までで、17時開始でした!

 

よかったー!
間に合う!!ヽ(*´∀`)ノ

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
望海風斗の集大成としては惜しい気がした『fff』…だいきほで『エリザベート』が観たかった

 

コメント