「明日海りおが演じたベストキャラクター」のコメント集!

宝塚観劇アンケート



今回は、
10月25日~11月5日に実施してました、
第26回目(通算)のアンケート「明日海りおの演じた役で1番好きな役を教えてください」でいただいたコメントを発表します!

 

コメント返しではなく、コメントのみをお伝えします
さゆみさん(紅ゆずるさん)の時にもお伝えしましたが、
私がごちゃごちゃ茶々を入れるのも、ちょっと違うと思ってます
やはり、皆様の想いをストレートにそれぞれの方々に感じていただきたいです♪

 

まとめての感想は最後に明記いたします

 

いただいたコメントは、打ち損じで、
意味不明なものになってしまったもの以外はすべて掲載しております
また、個別でいただいた1名様のコメントも抜粋で掲載します

 

『明日海りおが演じたベストキャラクター』の発表の記事です

「明日海りおが演じたベストキャラクター」はこの役!アンケート結果発表!
今回は、10月25日~11月5日に実施してました、 当ブログの第26回目のアンケートの集計結果を発表したいと思います! お題は、「明日海りおの演じた役で1番好きな役を教えてください」です! 先日宝塚歌劇団をご卒...

 

では、みりおくん(明日海りおさん)の演じたキャラクターに、
ぜひぜひ想いを馳せてください!
共感されること、
新しい発見があること、間違いなしです♪

 

スポンサーリンク

ルイス・キャロル(アリスの恋人)

●2番目に好きな役でのコメント

「スカステで見ただけですが、とてもみずみずしいみりおさんで、お役とは別の人間らしさがとても好きです」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「異世界間のギャップが上手く表現されたように思います」

「可愛かった」

 

スポンサーリンク

ロミオ(ロミオとジュリエット)

●1番好きな役でのコメント

「登場シーンで振り向いた時の神々しいまでの美しさが衝撃的すぎました。」

「ぼくはこわいが最高でした。」

「とにかく麗しい」

 

●2番目に好きな役でのコメント

「初々しい瑞々しいロミオでした。歌もバッチリ」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「あのキラキラした純粋な男の子に恋をしました!」

「もう一度花組で再演してほしかった…」

 

スポンサーリンク

ティボルト(ロミオとジュリエット)

●1番好きな役でのコメント

「これを見て(DvD)」

 

松枝清顕(春の雪)

●1番好きな役でのコメント

「影のある役は天下一品。美貌も演技も最高でした。清様にもう一度会いたい 笑」

「全部観てないですけど、一番合ってたと思います」

「清様一択です!」

「トップになってから、これを越える役に出逢えなかったのが残念です」

 

●2番目に好きな役でのコメント

「あの悩める青年が似合うのは、明日海さんだからこそと。」

「拗らせ青年がぴったり!」

「いろんな意味で良い作品でした」

「生観劇できていないのは残念ですが、みりおの当たり役。この役を超える役になかなか出会えなかったと思う。」

「美しすぎる、清さまが素晴らしすぎました。」

「こじらせ美少年(笑)美しさと傲慢さと焦りが混じりあったキャラクターに初めての魅力を見た気持ちでした」

「学年も若かったこともあり真っ直ぐでがむしゃらな青年を一途に生きていたかな。」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「現実にいたらば絶対近寄りたくない拗らせた男なのに、たまらなく魅力的でした」

「明日海さんにハマったきっかけの作品です。」

「迷いましたが、清様です!今考えると伝説級に芝居巧者ばかりでした!」

 

スポンサーリンク

オスカル(ベルサイユのばら)/h2>

●1番好きな役でのコメント

「選び難いですが、オスカルがあんなにも似合う方は明日海さんしかいないと思うのです…」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「みりおさんのオスカルが、もう一度、観たい観たい観たい。」

 

上杉謙信(戦国BASARA)

●2番目に好きな役でのコメント

「両性具有の妖しさ、美しさ。」

 

スポンサーリンク

フェルゼン(ベルサイユのばら)

●1番好きな役でのコメント

「ひゃ~助けて!選べない。なので、私が宝塚史上一番好きなフェルゼンで。」

 

トート(エリザベート)

●2番目に好きな役でのコメント

「錚々たる方々演じていますが、美貌という点では明日海さんの右に出る方はいないと思います」

「とにかく歌唱力が素晴らしかった」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「まさに闇の帝王!!」

「何度か観てもハマらなかったのに、みりおさん、だいもんではまりめした」

「今の明日海りおさんでトート閣下を見てみたいです。」

「みりおちゃんトート本当に綺麗でした!」

 

スポンサーリンク

光源氏(新源氏物語)

●2番目に好きな役でのコメント

「麗しさや日本物独特の色香が半端でなくて、大好きです」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「個人的に光源氏にはすごく思い入れがあって、ビジュアルも品の良さ、歌声がすべて光の君でした。」

 

ビル(ME AND MY GIRL)

●1番好きな役でのコメント

「ビルで明日海りおに惚れ、エドガーで震え、ジャコモで花組を好きになりました。にわかですが汗」

「剣幸さんの初演を観てるのでみりおさんを観て本当に感激しました。素晴らしかった。」

 

スポンサーリンク

ギィ(金色の砂漠)

●1番好きな役でのコメント

「ギィ以外考えられません。あんな奴隷がいたら遠い国に連れて行ってもらいます。」

「虐げられ、復讐に燃え、愛に死ぬ最高の眉間のシワ」

「自分の宝塚ハマりの原因となった明日海トートは絶対神!」

「全ての役に思い入れがあり好きなのですが、渾身の演技という意味ではギィが、いちばんかと。」

「ただ、ただかっこよすぎました!」

「トップスターに奴隷役って!と配役発表時には怒ってましたか、苦悩するみりお様に萌えました(笑)」

「ヒリヒリするような熱い感情をぶつけるギィ(ウエクミ先生のお芝居)が好きです。グッタリ疲れますが(笑)」

 

●2番目に好きな役でのコメント

「あの役は明日海さんにしかできない。熱演でした…」

「ちょっと生っぽい男性の獰猛さをタカラヅカ的に表現できる稀有な役者であることに感動しました」

「ダークな男らしさが(男らしさって笑ですが)とっても素敵でした!」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「少年時代も含め、明日海りおにしか出来ない、愛憎に満ちた複雑な役。」

 

クリス・ヨハンソン(ハンナのお花屋さん)

●1番好きな役でのコメント

「内容的には??な所もありましたが、お役としては好きでした」

「大好きな作品の大好きな役です。」

「理想の男性、理想的な人間。」

 

●2番目に好きな役でのコメント

「とにかく外見がタイプです!優しいところも大好き(IP:182.169.64.103)」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「クリスなら1時間毎にメールが来ても大丈夫??」

 

エドガー・ポーツネル(ポーの一族)

●1番好きな役でのコメント

「みりおでないと演じられなかった奇跡の役です!」

「やはり一番の代表作ですね」

「まさにエドガーそのもの。はかなさと強さと恐ろしさ、そして美を体現されていた。」

「再演は難しいと思う。明日海さんがエドガーをえんじてこそのポーの一族だったと思う。」

「原作を超えたエドガーだったから。」

「代表作だと思います」

「明日海さんにしか演じられない役だから。」

「人間じゃなかった………。」

「ビジュアル、演技、すべてが怖れを感じるほどに完璧だった。」

「明日海りおさんにしかできない役」

「今の学年で少年を無理なく演じられるのは凄い。明日海さんにしか出来ない役だと思います」

「みりおミリオ」

「エドガーが乗移っているように感じました。集中力が凄まじかったです」

「どのお役も甲乙つけ難いですが、エドガーを見たとき鳥肌が立った事を今でも忘れられません」

 

●2番目に好きな役でのコメント

「エドガーは実在したのだと本気で思いました。美しい役が本当に似合いますね」

「明日海りおにしか出来なかった役」

「物語の設定だけではなく、この世のものではない、鬼気迫るものがありましたよね。」

「漫画の中からとびだしてきたようでした!」

「1番にするか悩みました。退団後も外箱で再演してくれないかしら。みりおさまなら永遠に演れると思います!」

「永遠の時を生きる少年そのものでした。LV観た後しばらくは眼を閉じればエドガーが…」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「この頃から神々しさが極まって来たんじゃないかと思います。エドガーがやれる人はもう出ないと思います」

「順位を付けるのはなかなか難しいですね。続けて見続けれる役を選んでみました」

 

大海人皇子(あかねさす紫の花)

●1番好きな役でのコメント

「ファンではないが大海人を観てやはり明日美さんはすごいトップだ!と思い知らされ慌てて中大兄Verも観た。」

 

●2番目に好きな役でのコメント

「兄を信じたい、でも額田王を手放したくないという思いに引き裂かれる苦悩をよく表していた。」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「ギィ、エドガーと迷いましたが、大海人はすべてのキャストがはまり名演でした。」

「スカステでしか見られませんでしたがとても似合う役だと感じました。苦悩する姿がいとおしかった。」

「苦悩する美しい顔と歌声が好きです。」

 

中大兄皇子(あかねさす紫の花)

●1番好きな役でのコメント

「初生観劇で2役見て美しさと演技に見とれました。権力者の強さと弱さが素敵」

 

天草四郎時貞(MESSIAH(メサイア))

●2番目に好きな役でのコメント

「花組と重なるお芝居が最高」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「真ん中感(カリスマ性)がすごかった。でも1番も2番も3番も選べないくらいどの役も印象的です。」

「花組子とのメサイア歌い上げシーンでは鳥肌が立ちました。花組トップスター明日海りおを強く感じた瞬間」

 

ジャコモ・カサノヴァ(CASANOVA)

●1番好きな役でのコメント

「花娘を侍らしているお姿が、余裕があって、色気があって、すべてが好きです!」

「最初聞いた時は「カサノバ???」と思いましたが、楽曲も素敵で、組子の役も多くて、幸せな舞台でした」

「内容ではなくビジュアルととても楽しそうに演じていたので大大大好き。」

「みりおの集大成!楽曲も素晴らしく、のびのびと舞台に立つ姿が眩しかったです。」

「悩みましたが、ハッピーすぎるぐらいハッピーでお似合いなのでカサノヴァにします。」

「とにかくビジュアルが大好き。花組っぽい色男かつ自身のキラキラ感や品の良さで説得力を持たせていたから」

「さゆみさんがイキイキしていて最高でした!」

「相手役との距離感にも余裕を感じられ本当のカサノバの余裕に見えました。歌声も最高!」

「選び切れません」

 

●2番目に好きな役でのコメント

「プレイボーイ役がピッタリ!モテる男の余裕が素敵でした!」

「ビジュアルが最高でした。」

「女性が皆好きになるのがこれ程納得できる人はいません。」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「ゆきちゃんもメロメロになる色気に観劇中ドキドキが止まりませんでした」

「仙名さんとのコンビで、この作品のような」

「悩みましたが、プレイボーイぶりがみりおさんならではだったと思う。歌もよかった」

 

エリュ(A Fairy Tale)

●1番好きな役でのコメント

「美しい。神々しさが、円熟期の明日海りお、ここにあり。という感じでした。」

 

●3番目に好きな役でのコメント

「みりおの持つ繊細さ美しさが際立つ作品」

 

その他

●3番目に好きな役でのコメント

「ジャッキー。それでみりおちゃんを知り好きになったので。」

 

明日海りおさんへの愛溢れるコメントをありがとうございます!

当ブログのアンケートでは、
コメントを明記することが可能なんですけど、
たった50文字の一言だけという制限があります

 

本当は、
もっともっと語りたい熱い想いがあると思いますが、
その一言に込められたお気持ちは、
十分に伝わっているのではないかな、と思います

 

純粋に役の評価として…
作品の評価として…
みりおくんへの気持ちとして…
いろんな考えや想いがダイレクトに伝わるので、
共感しながら、
また感心しながら読ませていただきました♪

 

やはり表現者として、
役者としての明日海りおは、
変幻自在に役を演じていたのだなぁ
とあらためて感じます
それぞれのキャラクターに対するコメントを通じて、
つくづく感じました

 

さすが芝居巧者!

 

 

私的には、
自分が選んだ僅差2位のキャラクターだった、
トート閣下の1位のコメントがなかったのが寂しかったですw
1人いらしたのですが、
打ち損じたようで、
「とー」の2文字で終わってました…残念です

 

今回こういう感じのコメントが結構ありました
そのため、
「あれ?私のコメントがない」と思われた方がいらっしゃいましたら、
理由はコメント途中送信されてしまっていたから、だと思われます

 

私も読めなくて残念でした…

 

それでも、
たくさんのコメントをいただきまして、
本当にありがとうございます!
いつも楽しく読ませていただいております

 

別記事でいただいた個人的に興味深かったみりゆきのコメント

あと、このアンケートではなく、
みりおくんの退団延長についての記事でいただいた、
コメントがあります

明日海りおは劇団都合の延長の末の退団だったのだろうと感じた件
せっかくなので取り上げさせていただきます
兄様からのコメントの一部です

明日海さんが宝塚側の意向を組んだおかげで仙名さんがトップ娘になれたのかなぁと思っています。
そうじゃないと普通はなれませんでしょう。
明日海仙名時代の安定感は抜群だったなぁとおもいます。安心して見れた印象です。
そういう意味ではここまでトップでいてくれたことに感謝しています。

私もそう思います
ゆきちゃん(仙名彩世さん)は、
元々路線ではありませんでした

 

実力は申し分ないものの、
ヒロイン力のある娘役さんではないからです
それを実力でねじ伏せることができたのが、
ゆきちゃんでしょう
トップ娘役として、
魅力あふれる役を演じてくれました

 

ゆきちゃんがトップ娘役でいてくれたからこそ、
みりおくんが、
『ポーの一族』でエドガーを演じることが出来ました
ヒロインのいない作品で、
しかも少年という設定

 

エドガーは、
みりおくんじゃないと演じれませんでしたが、
ヒロインのバランスを考えずに、
思いっきりエドガーを全面に押し出すことが出来た、
というバックボーンが出来上がったのも、
ゆきちゃんだからでしょう

 

まさに内助の功の賜物のような、
素晴らしいトップ娘役さんでした!

 

後期の作品で、
みりおくんの魅力は爆発しまくりますが、
それをしっかり支えることができたのは、
ゆきちゃんの実力のおかげもあると思ってます

本当にゆきちゃんには感謝しかありません…

 

あとがき

早いもので、
みりおくんのご卒業まで、
ちょうど1週間となりました

 

こうやって皆さんと、
みりおくんのラストを見守ることができて、
とても嬉しく思ってます

 

こういう記事を作成していると、
みりおくんのこれまでの役が走馬灯のように、
脳裏を駆け巡るのです
もう1度観たい作品がたくさんあります
それを、
今回のアンケートを通じて、
より「観たい」という気持ちに溢れています

 

 

いつもお伝えしておりますが、
こうやっていただくコメントによりまして、
いろんな考え、思いを知ることができ、
とても参考になっています

 

いつもご協力いただく方はもちろんですが、
はじめてだった方も、
これからもよろしくお願いいたします!

 

 

今後のアンケートスケジュールは、
みりおくんの
『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』
『シャルム!』になります
いつもの本公演アンケートです

 

予約投稿で、
11月24日19時あたりに設定しておきたいと思いますので、
ぜひぜひご参加ください!

 

今回の「明日海りおさんのキャラクター」アンケートの記事はこちらです
「明日海りおが演じたベストキャラクター」はこの役!アンケート結果発表!

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

コメント