天飛華音は2番手・稀惺かずとは4番手役&いろんな抜擢のある『めぐり会いは再び ng』新人公演配役

星組



本日、公式HPにて、
東京宝塚劇場の運営スタッフの方が、
コロナの陽性と判明したというお知らせがありました…

 

コロナめ…

 

幸い大事に至りませんでしたけど、
いまだにまだまだ続いていることを再認識させられます
実際ニュースでも新たな変異「XE」が猛威を奮っているというのを見るだけに、
全く終わりが見えない感が凄いです…(´・ω・`)

 

さきほど、
仲良しのブロ友さんとLINEでこの話題になったのですが、
戦争があり、経済も不安定な上、
値上がりラッシュという暗いニュースばかりの世の中ですけど、
だからこそ、「エンタメは大事だよね」と意見が一致!

 

エンタメによる心の潤いというか拠り所って大事ですよ、本当に…

 

それが我々ヅカファンにとっては、宝塚歌劇なのです

 

どうかその火がまた一瞬でも途絶えることがないことを願うしかありません…

 

さて前書きはここまでで、
今回は昨日発表された
星組『めぐり会いは再び next generation』の新人公演の全配役について、
サラッと触れておこうと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

天飛華音は2番手の瀬央ゆりあ演じるレグルス役

次回星組本公演『めぐり会いは再び next generation』の新人公演は、
102期のさんちゃん(咲城けいさん)が初主演に抜擢!
ヒロインには、
待望の105期・ちづるちゃん(詩ちづるさん)が初ヒロインを務めます

 

非常にフレッシュな感じでいいですよね

 

で、フレッシュコンビの主演とヒロインですから、
路線の下級生がどんな役につくのか、
また新たな発見があるのかがとても楽しみでした

 

気になった役はこちらです
()内は本役さんになります

■男役
・レグルス:天飛華音(瀬央ゆりあ)
・オンブル:鳳真斗愛(綺城ひか理)
・セシル:稀惺かずと(天華えま)
・ロナン:大希颯(極美慎)
・ヴァルター:御剣海(碧海さりお)
・ルベル:碧音斗和(天飛華音)
・リドル:飛翠真凜(咲城けい)
・カストル:世奈未蘭(稀惺かずと)
・ユリウス:紘希柚葉(天寿光希)

 

■娘役
・ティア:星咲希(有沙瞳)
・ジュディス:鳳花るりな(小桜ほのか)
・アニス:綾音美蘭(水乃ゆり)
・アージュマンド:乙華菜乃(瑠璃花夏)
・ポルックス:藍羽ひより(詩ちづる)
・エメロード:都優奈(美穂圭子)
・ブラン:瑠璃花夏(白妙なつ)
・レオニード:水乃ゆり(音波みのり)

 

まずは、
この芝居では2番手のせおっち(瀬央ゆりあさん)役には、
かのんくん(天飛華音さん)が抜擢です

 

102期は長の期ですから、
この公演と次の本公演『斜陽の国のルスダン(仮)』で新公卒業となります
まずは、2番手せおっちの役を演じることになりますけど、
できれば、
みっきーさん(天寿光希さん)や、
渋めの上級生の役を演じて欲しかったです
特に、芝居上手のみっきーさんの役がよかったかな

 

ラストもあるので、
もう1回チャンスはありますけど、
かのんくんは星組の路線スターですし、
本公演や別箱、バウでは見どころのある役に抜擢されるでしょうから、
新人公演では、別な角度からの学びをして欲しいなと思っています
かのんくんは、
真の実力派としての路線スターの道を歩まれるでしょうから、
そういう役も演じておいて欲しいです

 

そういえば、
ことちゃんってラストの新公が、
『ガイズ&ドールズ』 でしたけど、
この時に3番手昇格でしたので、
ラストの新人公演では運転手で、
ちょこちょこ舞台を賑やかにしていましたっけ

 

新人公演時代の研7で、3番手だったんですもんね…
同期の風ちゃん(妃海風さん)もトップ娘役に就任でしたから、
ことふうで脇役をしていた新人公演でした
ある意味すごく貴重ですね
とても懐かしい…

 

話がズレました…(^_^;)

 

スポンサーリンク

いろんな抜擢がある『めぐり会いは再び next generation』新人公演

上記のまとめを見ても、
他の配役もなかなか興味深い抜擢がたくさんありました

 

102期のラストの年の新公ということだから、
というのもあるのでしょうけど、
102期からの抜擢がスゴイですね
まだラストではないのですが…(^_^;)

 

3番手のあかさん(綺城ひか理さん)のオンブル役には、
もえかくん(鳳真斗愛さん)
あかさんの役ですから、
かなり目立つご活躍があるはずですので、
これは大抜擢ではないでしょうか
芸達者なイメージもありますので、ぜひ頑張って欲しいです

 

そして、
他の102期の抜擢で気になるのは、
ゆうなちゃん(都優奈さん)のエメロード役です
本役は、専科のけいこさん(美穂圭子さん)ですから、
これも大抜擢でしょう
歌の場面があることを祈っております
あの素晴らしいゆうなちゃんの美声の歌が聴きたいです

 

ラストの102期は、
路線娘役のみずのちゃん(水乃ゆりさん)
退団公演となるはるこさん(音波みのりさん)の役に抜擢です
はるこさんから学べることは山のようにあるはずですので、
たくさん吸収して、さらに演技力を磨いて欲しいですね
期待しています

 

次は次世代の星組のスター候補の最有力な105期のかずとくん(稀惺かずとさん)
4番手のぴーすけくん(天華えまさん)の役です
かずとくんもだんだんと抜擢され、
少しずつ頭角を現してきていますね
歌が上手いので、そのまま伸ばして欲しいですし、
演技力も着々と身に付けており頼もしい限り
105期のトップランナーはかずとくんでしょうから、
次回の新人公演主演前になるのかもしれません

 

バックボーンの背負っているものがあまりにも大きいので、
プレッシャーもあるでしょうけど、
確実に実力をつけてますので、良い面はのびのびと成長させて欲しいです
身長が低いのだけが気になるんですけど、
小柄なトップスターのことちゃんの組ですので、
見本になることも多いのではないでしょうか

 

そして、
嬉しい抜擢もちらほら…

 

まずは、くらっち(有沙瞳さん)演じるティア役には、
103期ののぞみん(星咲希さん)が抜擢です
これはスゴイ!
娘2の役を演じることになるので、ぜひとも思いっきり演じて欲しいです

 

続く、ほのかちゃん(小桜ほのかさん)演じるジュディス役は、
105期のかみやん(鳳花るりなさん)が抜擢!
ヒロインを月組から組替えしてきた同期のちづるちゃんになってしまった分、
すごく残念で悔しい思いもあったでしょうけど、
ほのかちゃんの役になりましたので、
見せ場は十分あると思っています
綺麗な娘役さんですし、
いつか新公ヒロインが出来たらいいのですが…

 

みずのちゃん(水乃ゆりさん)のアニス役を演じるのは、
104期のみらんちゃん(綾音美蘭さん)
みらんちゃんは、
後輩のちづるちゃんに新公ヒロインを先越されてしまったので、
気の毒ではありますが、
みずのちゃんの役に抜擢されてよかったです
可愛い娘役さんなので、
いずれは新公ヒロインを1度でもいいので、経験させてあげて欲しいです

 

かのんくんのルベル役には、
104期のあおねくん(碧音斗和さん)です
いい逸材だと思うので、
いずれ新人公演主演をされるのではないかと思ってはいますけど、
大本命のかずとくんがいるので、
そこだけが不安といえば不安…
ただ、チャンスは絶対にありますから、
抜擢されるように願っています

 

そのかずとくんのカストル役には、
107期のせなくん(世奈未蘭さん)
きっと注目される役ではあると思うので、
しっかりと見ておきたいです

 

こんなところでしょうか
もっと触れたい気もしますけど、
ここまでにします

 

スポンサーリンク

星組はもっと下級生を上手に育成して欲しい

星組といえば、
若手は100期のしんくん(極美慎さん)と、
102期のかのんくん(天飛華音さん)を爆上げ中です

 

爆上げと言っても、
星組は上級生がかなり重しになっているので、
ようやく表だって上げられることになった、
というのが正確なところでしょう
星組内でのしんくん&かのんくんは、
路線スターの道を歩んでいるのは明白だったでしょうけど…

 

以前から指摘してますけど、
星組はあげようと思った路線スターに対しては、
いつの間にやら的な感じで、
しれっと上げていきますので…

 

それはことちゃんの時も一緒
ことちゃんは、
みっきー&しーらん、
あるいは他の先輩と一緒に組ませられたりしていましたけど、
気づけばスルッと3番手に…(^_^;)

 

上級生と共に歩まされて、
そこでしっかり学ばせるということなのでしょうね
しんくんやかのんくんも似たような感じなので、
そういうのが星組っぽい育成というイメージです

 

その分、モヤモヤが募るのがね…(^_^;)

 

ことちゃんの時は、
研1から目立つ場面が与えられてましたが、
そういうのが、
しんくんやかのんくんに欠けていたという気はします

 

上級生にも見せ場は大事なので、
そこはいいとしても、
もう少し、下級生にも、
スポットが当たるような場面は必要なのではないでしょうか

 

星組贔屓じゃないと、
きっと下級生のことを知らないファンの方、
すごく多いと思うのですよ…

 

これは良くないですよね

 

星組の下級生にとっても、ファンにとっても…

 

やはり名前を覚えてもらって気にかけてもらうって、
すごく大事なことだと思います

 

他の組は、
結構下級生まで「わかる!」ということが多いですけど、
星組の下級生は、埋もれてしまっていますからね

 

もっと上手に起用して欲しいです

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
星組『柳生忍法帖』新人公演の感想…天飛華音は文句なしに上手かったが歌唱力アップを望む

礼真琴 宝塚歌劇の枠を飛び越えた規格外なパフォーマンス『VERDAD!!』&ちょっと思ったこと

 

コメント