『エリザベートガラコン』大千秋楽の視聴者数は3万6千!宝塚歌劇系としては大快挙!

宝塚関連ニュース



本日、公式HPにて、
我が星組から休演者のお知らせが出ました
都優奈さんと、
鳳真斗愛さんです

 

体調不良とのことですので、
1日も早くご快復されて、お元気になりますように…

 

そこで代役が、
彩園ひなさん(都優奈さんの代役)、
天飛華音さん(鳳真斗愛さんの代役)になりました
こういうご時世なので、
急な代役はお稽古も大変でしょうけど、
頑張っていただきたいです

 

そして、気になるのが、
緊急事態宣言の延長ですよね…
明日には正式な発表がされるとのこと

 

宝塚歌劇の観劇状況は、
変わってしまうのかが、
めちゃくちゃ気になっています
一応、
星組『ロミオとジュリエット』が、
12日以降に2公演観劇予定ですので、
気が気じゃないというのが正直なところ…

 

決定していないので、
また明日以降にでも…

 

さて今回はタイトル通り、
昨日の『エリザベートガラコン』の視聴者数のお話です
それと宝塚歌劇のライブ配信について語ります

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

エリザベートガラコンの大千秋楽の視聴者数は約3万6千人以上

昨日、
『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』の大千秋楽がありました

 

カーテンコールのご挨拶で、
小池修一郎先生と小柳奈穂子先生が登場
そこで、小池先生が、
昨日の『エリザベートガラコン』の視聴者数が、
速報で3万6千人以上だったとご報告がありました

 

これが多いのか少ないのかは、
ライブ配信に詳しくないので、
何とも言えませんけど、
狭いニッチな宝塚歌劇団絡みの配信としては、
かなりの人数のように感じます

 

スポンサーリンク

『エリザベートガラコン』のライブ配信のざっくりと金額を計算してみた

昨日上演された会場は梅田芸術劇場のメインホールです
調べたところ、キャバは1905席
料金の内訳はわかりませんけど、
ざっくり1階、2階、3階席でS席・A席・B席だとします

 

■梅田芸術劇場の場合
・S席:13,500円×1077席=14,539,500円
・A席:9,500円×420席=3,990,000円
・B席:6,000円×408席=2,880,000円
合計:21,329,500円

 

■ライブ配信の場合
・4,000円×36,000人=144,000,000円(1億4400万円)

 

あくまでも単純計算なので、
参考程度にしかなりませんが、
ヅカ関連で、
1日で1億4000万円以上を売り上げるというのは、
大快挙でしょう!

 

そりゃ小池先生も視聴者数を言いたくなります(笑)

 

ただし、
これはあくまでも、
だいもんさん(望海風斗さん)がトートを演じ、
みりおくん(明日海りおさん)がシシィを演じるという、
とてもスペシャルなエリザベートガラコンだったということと、
大千秋楽というのがあったと思います

 

また、評判がよく、
連日ご視聴された方も多いと思います

 

私も5月4日に、
1日だけの視聴のつもりが、
あまりの素晴らしさに翌日もリピートしてしまいましたから

 

SNSを通じて評判が呼び寄せた側面も大きいと思います

 

スポンサーリンク

宝塚歌劇の大事な収入源としてライブ配信を視聴したい

今回のこの視聴者数で注目したいのは、
少なくても、
視聴してくれるヅカファンは、
3万6千人を集めることができる、という点
OGの舞台でしたけど、
視聴者の多くはヅカファンでしょうから…

 

上記でも指摘しましたが、
最大数に近いのかもしれませんけど、
それでも、1億円以上を稼ぎだせることが証明できたわけです

 

宝塚歌劇団の場合は、
ライブ配信の料金が少し安いので、
売り上げもちょっと落ちるでしょうけど、
それでも、大変な額でしょう

 

『エリザベート』はお祭りのような作品なので、
他の宝塚歌劇団の作品とは、
意味合いは変わってくるでしょうけど、
思い入れや、クオリティを高めていけば、
それだけのヅカファンが、
視聴に関心を持ってくれるということです

 

配信手数料や経費を差し引きして、
利益がどのくらいになるのかはわかりませんけど、
このあたりを今後、
上手に取り入れて、
なんとか劇団の大事な収入にしてもらいたいところです

 

とはいえ、生観劇に勝るものはありません!
以前から何度も語ってますけど、これは間違いないです

 

昨日のガラコンも、
生でだいもんトートの歌声を体感したら、
視聴以上の感動があったことでしょう

 

ものすごい迫力があったはず
たぶん、
私だったら、鳥肌が立ったことでしょう

 

その辺りは、
どうしても映像での体験は劣るのですが、
そもそもチケットが取れずに見れなかったり、
遠方で見れなかったりと、
不便さを解消してくれるのが、ライブ配信になります
今回は、政府の規制によってですけど…

 

もちろん映画館のライブビューイングもいいと思います
映画館の方が、
より迫力は体感できるでしょう

 

ほんの数年前までは、
ライブビューイングさえもままならず状態だったのが、
ライブビューイングが当たり前になり、
今や本当にお茶の間で宝塚歌劇を楽しめる時代になりました

 

劇団への貴重な収入源として、
今後もライブ配信は続くと思いますけど、
できれば、番手関係なく
多くの公演を配信してくれたら言うことなしです

 

新人公演も観たいです!
ディレイでもいいですし…

 

ただ、新人公演は、
歌唱力などがすぐにわかってしまうという負の側面もあるので、
誰でも視聴できてしまうライブ配信となると、
厳しいのかもしれません…
遅れてのスカステくらいがちょうどいいのかもしれない、
とも思います…

 

新人公演は無理にせよ、
今度配信される『夢千鳥』のように、
1つでも多くの作品が配信されますように…

 

そのためには、
一生懸命視聴して、支えていかねば(笑)

 

そういえば、
宝塚歌劇団のLINEで、
ライブ配信の案内が来てましたね

 

劇団も1人でも多くの方に視聴してもらおう、
というアピールだと思いました
もちろん、今週末は、
3作品とも全部視聴します!w

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
望海風斗トートが圧巻!だいきほで『エリザベート』が観たかった&明日海りおのシシィは東宝でもOK

 

コメント