98期・暁千星のトップスター就任時期と綾凰華&天華えまの可能性をチェック!

宝塚考察



今回も前回に付随する内容です

 

ここ3本ほど、
現トップスター(次期雪組・月組含む)の、
在任最低ラインを割り出し、
なんとなくの次世代トップスターの就任時期を語りました

 

今回は98期生を語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

前回までチェックした次世代トップスターの就任時期考察

各期には、
トップスター候補生が存在しますが、
その就任時期と可能性を考察しました

 

あくまでも、
現段階でわかる範囲での予測です
単なる目安でしかありませんので、
その点はご理解ください

①現トップスター(次期雪組・月組含む)の次に空く状況の確認について
宝塚歌劇団の各組トップスター枠が次に空く状況を勝手に予測

②93期・愛月ひかる&芹香斗亜と95期・月城かなとの就任時期とその可能性について
芹香斗亜&愛月ひかる&月城かなと…宝塚トップスター候補の就任時期をチェック!

③97期の永久輝せあの就任時期の予測について
永久輝せあのトップスター就任時期を勝手に予測してみた

 

97期まで見てきましたので、
今回は冒頭にあるように、98期をチェックします

 

スポンサーリンク

98期のトップスター候補生はエース1人に予備軍2人

98期は、
すでにまあやちゃん(真彩希帆さん)という、
宝塚史上でも、
最も歌唱力のある素晴らしいトップ娘役を輩出しました

 

これで、
トップスターかトップ娘役どちらかの最低限1人ライン
乗り越えています
もしかしたら、
くらっち(有沙瞳さん)が、
トップ娘役として追加されるかもしれません

 

一方本命であるトップスター候補は、
現在のところ3人おります

  • 月組:ありちゃん(暁千星さん)
  • 雪組:あやなちゃん(綾凰華さん)
  • 星組:ぴーすけくん(天華えまさん)

 

この3人の優先順位はこうなります

ありちゃん>>>>>あやなちゃん>>>ぴーすけくん

 

この優先順位の序列は、
入団時から現在までも変わっていません
人気もこの順番になっていると思います

 

スポンサーリンク

スゴツヨの暁千星が98期のトップスター最有力候補!

ありちゃんは、
98期の超期待の新星として、
入団時から破竹の勢いで、新人公演主演ももちろん、
バウ主演まで務めています
しかも、バウ主演2作のうち1作は、
95期で1番大人気のあーさちゃん(朝美絢さん)とのダブル主演です

 

今ではビックリするような2人でのバウダブル主演ですけど、
月組時代のあーさちゃんは、
ありちゃんを跳ね除けるほどの威力が全くありませんでした

 

ありちゃんの底知れぬ勢い(という名の劇団の推し)が凄まじかった印象があります

 

本公演でも、
主要な役や目立つ役に抜擢されるほどです
『1789』では、
ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)のアントワネットの愛人、
フェルゼン役を演じてたくらいです
当時研4

 

本公演でこういう抜擢を受ける男役スターは、
間違いなくその学年のエースになります

 

我が星組でいえば、
ゆりかさん(真風涼帆さん)や、
ことちゃん(礼真琴さん)が同様の扱いでした
そして、
トップスターに就任

 

ありちゃんは、
抜擢に見合う実力がダンスだけでしたけど、
ここ数年で、
歌唱力が見違えるほど良くなってきています
あとはお芝居がなんとかなれば、
というところまできています

 

人気もきちんとつけてきてますし、
次世代のトップスターとしては、
着実に歩んでいると思われます

 

星組同期だった綾凰華と天華えま

一方で、
あやなちゃんとぴーすけくん
共に星組生でしたが、
あやなちゃんが雪組へ組替えとなります

 

星組時代は、
ぴーすけくんに照準を絞って育成していましたが、
あやなちゃんも惜しい人材だと思われたのか、
雪組へ組替えされます

 

そこで頭角を現し、
元々上手かった演技力に磨きがかかり、
得意なダンスでも活躍中
歌はまだまだですが、
お芝居とダンスの2つの芸がクリアできているので、
実力不足にはなりません

 

人気も雪組ということもあり、
徐々に注目されていて頼もしい限りです

 

そして、
我が星組のぴーすけくん!
ぴーすけくんは、
いわゆるオールラウンダーです

 

そのため、
星組での新人公演主演を3回も抜擢されるほど!
星組で期待をしていたのがよくわかります
あやなちゃんは、
星組時代に、
1度も新人公演主演を出来ませんでしたから…

 

その一方で、
歌唱力に期待をしていましたが、
思った以上に伸びず…
ダンスは踊れますが、
ダンサータイプのあやなちゃんと比較すれば普通
演技はここのところ良くなってきているので、
ここに期待したいところ

 

問題は人気があがらないところでしょう
イマイチ人気にならないのが、
1番大きな欠点になってしまっていると思います

 

やはり、
超実力派なオールラウンダーではない点は大きいです

 

それと、
歌唱力が伸び悩んだのが大きい…
もっと歌えると期待していましたが、
結局せおっち(瀬央ゆりあさん)の方が、
断然歌えるようになってしまいました
まだまだ成長過程でしょうから、
歌唱力が良くなれば、かなり有利になりそうです

 

せおっちの歌唱力があがったのも、
ここ最近ですから…
学年差が3年あるので、可能性は十分!

 

スポンサーリンク

98期のトップスター就任時期をチェック!

上記のことから、
1番最初にトップスターになれるのは、
やはりありちゃんでしょう

 

むしろありちゃんがなれなかったら、
あやなちゃんもぴーすけくんも無理だと思います
そのくらい、ありちゃんが頭1つも2つも抜けている状態

 

例えるなら、
93期の咲ちゃんと同じ構図ですね
他の2人がキキちゃんと愛ちゃん

 

そのありちゃんが、
トップスターに就任する時期をチェックしてみます

 

まずこのチェック表から、
空きが出る順番はこうなります

 

①宙組(2022年2本目で就任か2023年就任)
②星組(2023年就任・3月本公演)
③花組(2023年就任・6月本公演)
④雪組(2024年就任・6月本公演)
⑤月組(2024年就任・9月本公演)

 

本公演5作で統一した場合ですので、
6作以上務める可能性も大きいです
あくまでも、目安です

 

その目安から、
これまで私的に考えたのが、
キキちゃん(芹香斗亜さん)の宙組就任(月組かもしれませんが一応宙組で)、
ひとこちゃん(永久輝せあさん)の花組就任です

 

そうなると空きがあるのがこうなります

①宙組(2022年2本目で就任か2023年就任)
②星組(2023年就任・3月本公演)
③花組(2023年就任・6月本公演)
④雪組(2024年就任・6月本公演)
⑤月組(2024年就任・9月本公演)

 

ありちゃんは2023年には研12
2024年には研13です
学年としてはちょうどいいです
スミレコード的な年齢も若いですからどちらでも大丈夫!

 

ただ早期抜擢の超エース級の御曹司の場合、
研12くらいで就任が多いです
遅くても研13

 

なので、
順当に月組が5作でバトンタッチであれば、
生え抜きトップスターで就任もありますし、
なんらかの影響があるようであれば、
雪組か星組での就任もあり得るでしょう

 

雪組はあやなちゃんがいるので、
そうなった場合は、あやなちゃんを他組に組替えさせるか、
残念となるのか…
また星組でも同様です
ぴーすけくんが組替えか残念に…
ぴーすけくんの場合、この時に組替えになった場合は、
路線ではなく別格になっていくと思われます

 

それよりも愛ちゃんが…、でしょうか…(´・ω・`)

 

ありちゃんのカラーを考えると、
自組の月組か、
星組か宙組が似合いそうではあります

 

そう考えると、
以前当ブログで語ったありちゃん星組説も、
信憑性が出て来ます

 

もれなく、
愛ちゃん問題が勃発しますが…

 

3年もすると、
下級生の台頭もどうなっているのかを含めて、
いろいろ見えてくることがあると思います

 

当然、
今立てている予測が全く外れることもあるでしょう

 

あくまでも現段階でのざっくりとした目安ですので、
鵜呑みにしないように願います
私的なメモですので…(^_^;)

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
『I AM FROM AUSTRIA』…珠城りょうにピッタリの役なのに吸引力がなかった理由

 

コメント