『宝塚観劇ベスト作品賞 2021』が決定!当ブログ読者の選ぶ作品はコレ!今回は残念なことが…

宝塚観劇アンケート



昨日触れそこないましたが、
月組『今夜、ロマンス劇場で』『FULL SWING!』の休演者だった、
朝雪薫さんですが、
体調不良による休演でご復帰は未定でしたが、
全日程休演となってしまいました…

 

非常に残念ですが、
体が第一ですからゆっくり体を休めて、
どうか早いご快復をされますように…
次の公演で元気な姿を観れることを楽しみに待ちたいと思います…

 

さて、
年明けも5日目となりますが、
空気を全く読まない2021年まとめシリーズも今回で最後となります

 

今回は、12月20日~25日に実施してました、
当ブログのアンケートの集計結果を発表したいと思います!

 

お題は「2021年宝塚観劇ベスト作品賞!」です!

 

毎年恒例の当ブログの読者様の選ぶ、
『宝塚観劇ベスト作品賞 2021』でございます!

 

今回は、
うちの読者様以外から、
かなり投票をいただいたと思います

 

昨年『宝塚観劇ベスト作品賞 2019』のアンケート結果です

『宝塚観劇ベスト作品賞 2020』が決定!当ブログ読者の選ぶ作品はコレ!
今回は、12月13日~26日に実施してました、 当ブログのアンケートの集計結果を発表したいと思います! お題は「2020年宝塚観劇ベスト作品賞!」です! ズバリ毎年恒例の、 当ブログの読者様の選ぶ 『宝塚観...

 

2021年は、どの作品が選ばれるのでしょうか?
では気になる結果に、いってみましょう!!ヽ(*´∀`)ノ

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

アンケートの投票状況&思うこと

毎年恒例のこのアンケートは、
質問を全部で5つ設けております
2021年の観劇(鑑賞)した作品への質問が4つ、
そしてオマケの質問が1つです

 

今回は、
最大649名という、大変多くの方にご投票いただけました!

 

本当にいつもご協力くださり、感謝でいっぱいでございます!
これは心から思っております
アンケートは皆さまの御協力があってこそ、成り立っておりますし、
私自身の良い気づきともなっております

 

とはいえ、
昨年よりも200名も多いのですが、どうしちゃったのでしょうか…(^_^;)
本公演のアンケートも特に増えてませんし…(笑)←これがめちゃくちゃ不思議w

 

最大の原因は、
複数回で大量に投票された方がいらしたからだと推測しております…

 

非常に残念なのですが、
明らかにおかしな票の動きをしていた作品3つ
正確には4つありました

 

これはアンケートを実施するに辺り、
緩めに設定しているからなのですが、
それを逆手に取られてしまったのです

 

先日もアンケート募集の際に、
チラっと触れましたけど、
組織票的なことは全然OKだと思っておりますけど、
同じ人が何度も同じ項目に投票する、というのはご勘弁願いたいわけです

 

そして、
そういう票にはコメントが一切ないという…(笑)

 

コメントは必須ではないですけど、
コメントが入るということは、
それだけその作品に思い入れがあるということの表れだと思っております

 

なので、
どう素晴らしいのかも全くわからず…(^_^;)

 

今回は久しぶりにコメント率も掲載いたします

 

ということで、
発表に参りたいと思います!

 

「2021年宝塚ベスト本公演」

「2021年宝塚ベストショー・レビュー」

「2021年宝塚ベスト外箱・バウ作品」

「2021年宝塚ベスト作品」
の順番でお楽しみください!

 

Q1の「2021年宝塚ベスト作品」は、
1番最後に発表いたします♪

 

コメントについてはアンケートサイトに掲載いたしました
よろしければご閲覧ください

『2021年 宝塚観劇ベスト作品賞』の結果とコメント

 

なお、このアンケート集計結果は、
あくまでも当ブログ読者様での結果となります
そこはご理解ください!
今回の2021年は荒れてますけど…(笑)

 

スポンサーリンク

Q2:2021年の宝塚歌劇で一番よかった本公演を教えてください

2020年はコロナ禍でわずか5本の本公演上演でしたが、
2021年は8本上演となりました

 

東京公演からの投票ですので、
宙組『アナスタシア』からになります

 

では、結果はこちらです!

 

上位順に並べ替えると、こうなります!

①桜嵐記(月組)⇒コメント率:11件(4%)
②ロミオとジュリエット(星組)⇒コメント率:11件(12%)
③アナスタシア(宙組)⇒コメント率:4件(5%)
④fff(雪組)⇒コメント率:2件(5%)
⑤CITY HUNTER(雪組)⇒コメント率:1件(4%)
⑥アウグストゥス(花組)⇒コメント率:3件(15%)
⑦シャーロック・ホームズ(宙組)⇒コメント率:3件(20%)
⑧柳生忍法帖(星組)⇒コメント率:2件(18%)

 

では総評に行きます!

 

スポンサーリンク

Q2の総評と私の投票

本公演でのベスト作品は、
月組『桜嵐記』です!

 

皆さん納得ではないでしょうか
たまさく退団公演ということもありますけど、
そもそも作品として素晴らしい作品でした

 

なんといっても、
信者の多い上田久美子先生の作品でしたし…
ワタクシも漏れなくウエクミ信者ですし、
ずっと公言しております(笑)

 

私の当初の予想でも、
『桜嵐記』がダントツだろうと思っていたので、
まさにその通りだと思います

 

また、
関西では楠木正行は非常に有名だと、
ブロ友のhappyさんが教えてくださいました
関西ではそういう背景の元の上演、
関東では全く新しい歴史の一部が見れるという上演、
双方にとても効果があったと思われます

 

退団公演に良作なし、を覆したのもさすがはウエクミ先生!
たまさくを上手に送りだしてくださいました

 

この作品はいずれ再演することもあるでしょうから、
その時も楽しみですね
他のウエクミ先生の作品も同様で、
それぞれの再演を楽しみにしたいです
10年以上先でしょうけど…(^_^;)

 

『桜嵐記』は1位ですけど、
コメントは少なかったですw

 

基本的に、
1位になる作品には、
コメントが大量に付くのですが、
『桜嵐記』はそうではありませんでしたね…
そういう熱意が低かったのが残念です

 

それでも、
入れてくださったコメントからは、
作品への思いがこもっていました

 

2位には、
歴代でも最高の出来栄えと言っても過言ではなかった、
星組『ロミオとジュリエット』
ただ初演ではなく、再演ですから、
その辺りのハードルは高かったでしょう

 

コメント率は12%でした

 

3位には、
宙組『アナスタシア』です
東京は今年なので、
大劇場ですでに観劇済みの関西地区のファンの方にとっては、
2年越しになってしまったのは分が悪かったでしょうけど、
堂々の3位です

 

コメント率が低めなのも仕方がないような気もしますけど、
それでも、
熱意は感じられました

 

さて、私の投票ですけど、
文句なしに星組『ロミオとジュリエット』です

 

…まぁわかりますよね(笑)

 

ことちゃん主演で、
満を持してのロミジュリですもの…
愛ちゃんの死もありましたし、
ひっとんジュリエットは最高にキュートでしたし、
言うことなし!

 

次点は考えてませんでしたけど、
『アナスタシア』かな?

 

『桜嵐記』も良かったのですが、
私的には『星逢一夜』を超えませんでした
超えていたら、文句なしの1位だったのですが、
ウエクミ先生の作品では、
『星逢一夜』と『翼ある人びと』は別格すぎる名作で、
これをなかなか超えてこないです
それが私的な明暗を分けました

 

ですが、
『桜嵐記』1位には上記のように納得です

 

Q3:2021年宝塚歌劇の一番よかったショー、あるいはレビューを教えてください

こちらは、本公演でのショー・レビューの投票です
昨年はたった3本だったショーですけど、
2021年は6本でした!

 

ショー・レビューは、
宝塚歌劇の醍醐味ですからね♪

 

こちらの投票数は、448名の方にご投票いただいてます!

 

では、結果はこちらです!

 

上位順に並べ替えると、こうなります!

①Dream Chaser(月組)⇒コメント率:6件(4%)
②Delicieux(デリシュー)!(宙組)⇒コメント率:16件(15%)
③モアー・ダンディズム!(星組)⇒コメント率:8件(11%)
④シルクロード(雪組)54票・12.1%⇒コメント率:8件(14%)
⑤Cool Beast!!(花組)⇒コメント率:6件(15%)
⑥Fire Fever!(雪組)⇒コメント率:6件(15%)

 

本当に申し訳ございません!
これ、
『シルクロード(雪組)』を2つ項目を設けてしまったんですよね…
たぶんご投票される方も戸惑われたように思います
気づいたのが遅くて訂正できず…
結果は合算させていただきました

 

コメントもそれぞれでいただいてましたが、
素晴らしいことに同じ人というのはなかったです…
ありがたいですね

 

では総評です!

 

スポンサーリンク

Q3の総評と私の投票

今年は6本のショー・レビューがありましたので、
宝塚歌劇本来の楽しみ方が出来た年ではないでしょうか

 

ショーこそ宝塚歌劇の醍醐味だと思っております

 

さて、1位には、
たまさく退団公演の『Dream Chaser』でした

 

これにはめちゃくちゃ驚きました
…というのも、
本公演のアンケートを実施した際、
わずか55名(過去最低の投票数)しか投票していただけず…(^_^;)
しかも賛否両論という結果だったのです

 

私的にも、
構成の悪さを感じていたので、絶賛は出来ず

 

コメントも驚くほど少ないのが、
今回のここまでの本公演、ショーでの1位です
票の得票数が多いと、
コメント率は下がるのは当たり前なのですが、
10件もないとは…とほほ…

 

ちなみに、
本公演の『Dream Chaser』のアンケートでは、
コメントをトータルで11件いただき、
55票に対してのコメント率は、なんと20%でした
当ブログの読者様からなので、いつもありがたいです
その読者様が、
他に投票してくださっておれば、
『Dream Chaser』でのコメントはいただけないので、
コメント率は下がる一方…
ある意味納得…(^_^;)

 

選ばれたのは、たまさく退団公演のご祝儀ということでしょうか…

 

でも、
新生月組のれい海での『Dream Chaser』は結構楽しめました

 

これは、
間違いなく構成が明らかに違ってました
この構成で、たまさく退団であったら、
私的な評価もグッとあがっていたと感じます

 

続く2位は、
宙組『Delicieux(デリシュー)!』でした

 

最初はすったもんだありましたけど、
素敵なショーでしたし、
何よりも楽しさが残っていたのが支持された結果だと感じます

 

みんな大好き野口幸作先生ですし(笑)
納得の2位ですね

 

私の投票は、
宙組『Delicieux(デリシュー)!』です

 

これは迷うことなく、
ダントツで『Delicieux!』でした!
目で見て楽しく、
一緒にワイワイできるような錯覚に陥った、
素敵なショーだったと思います

 

2位以下は特になし(笑)

 

しいてあげれば、
ことちゃん(礼真琴さん)贔屓なので、
星組『モアー・ダンディズム!』をあげたいところですけど、
ことちゃんにはもっと合うショーがあるでしょ、ということで、
その時点で評価が下がります
ことちゃんがもったいなかった…
それに尽きます

 

ことちゃんの無駄遣い感が拭えませんでした…
岡田先生や酒井先生のショーは、
今だったられいこさんが一番似合うと思っています

 

ことちゃんの圧倒的なパフォーマンスは言うことなしでしたし、
愛ちゃんの退団のショーと思えば、アリですけど…(^_^;)

 

Q4:2020年の宝塚歌劇で一番よかった外箱・バウ作品を教えてください

こちらは、本公演以外の作品の投票です

こちらの投票数は、306名の方にご投票いただいてます!

 

では、結果はこちらです!

上位順に並べ替えると、こうなります!

①VERDAD(ヴェルダッド)!!(星組)⇒コメント率:10件(11%)
②Eternita(月組)⇒コメント率:1件(1%)
③幽霊刑事(月組)⇒コメント率:2件(2%)
④NICE WORK IF YOU CAN GET IT(花組)⇒コメント率:8件(17%)
⑤夢千鳥(宙組)⇒コメント率:3件(9%)
⑥プロミセス、プロミセス(宙組)⇒コメント率:3件(9%)
⑦川霧の橋(月組)⇒コメント率:4件(18%)
⑧ヴェネチアの紋章(雪組)⇒コメント率:1件(5%)
⑨バロンの末裔(宙組)⇒コメント率:1件(5%)
⑨哀しみのコルドバ(花組)⇒コメント率:2件(11%)
⑪ダル・レークの恋(月組)⇒コメント率:2件(12%)
⑫銀ちゃんの恋(花組)⇒コメント率:7件(53%)
⑬ほんものの魔法使(雪組)⇒コメント率:1件(9%)
⑭マノン(星組)⇒コメント率:0件(0%)
⑮ホテル スヴィッツラ ハウス(宙組)⇒コメント率:4件(44%)
⑯LOVE AND ALL THAT JAZZ(月組)⇒コメント率:0件(0%)
⑰婆娑羅の玄孫(星組)⇒コメント率0件(0%)
⑱PRINCE OF ROSES(花組)

 

では総評です!

 

スポンサーリンク

Q4の総評と私の投票

1位は、
ことちゃん主演の星組『VERDAD(ヴェルダッド)!!』でした

 

ショースタイルのコンサートが1位になるのは素直にスゴイとしか…
ただこれを実際に目にした方は、
凄まじいまでのパフォーマンスを見ていると思いますので、
納得といえば、納得

 

そして、
2位と3位なんですけど…(^_^;)

 

これ、ある日の後半の1日で一気に40~50票獲得したんですよね…
しかも、それぞれの作品に…
だから、同様な得票数になっているのです

 

おかしいですよね
1人1票でお願いしていますのに、
珠城りょうさんの主演作だけ、
同数入っているという…

 

冒頭での苦言は、この票についてです
その後制限を設けたら、
『Eternita』と『幽霊刑事』には1票も入りませんでした

 

他の作品にはぽつりぽつりと票が入っており、
新規でコメントもいただきました…

 

「疑わしきは罰せず」という言葉がありますので、
今回は大目に見ますけど、
こうなると、
上記の『桜嵐記』も『Dream Chaser』も怪しくなってしまうのです
これが非常に罪深いです

 

せめて1日1票くらいであればよかったのですが、
一気に50票がいただけない
バレないと思ったのでしょうか…

 

しかも、
コメントが一切ないのです
それぞれ50票以上も投票があって、
1件もコメントもないという異常事態

 

これだけ票が入れば、
もう少しコメントが入りますし、
それがその作品への熱意になっていると感じております
あくまでも私的に勝手に感じていることですが…

 

『Eternita』の貴重なコメント1件は、
当ブログのいつもの読者様のように見受けられましたし、
最初の段階でコメントをくださいました
『幽霊刑事』も同様…
同じ人ではないです
コメントも真っ当ですし、すごく納得がいく良コメントでした

 

それなのに、
たったわずかな方(たぶんおひとり)の変な行いで、
すごく残念な結果をもたらしました

 

ということで、
通常は上位3位までを目立たせるのですが、
今回は『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』と、
『夢千鳥』を目立たせておきます

 

本当に2位だったかわかりかねますが、
『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』はカレー華では最高のコメディ作品となりましたし、
続く、『夢千鳥』も伝説のような作品でした
それぞれ上位に来るとすれば、納得がいくように思います

 

ナイワに続く、
カレーくんの『TOP HAT』に期待が持てますし、
『夢千鳥』の栗田優香先生は、
次回も宙組『カルト・ワイン』を担当されるので、
期待が高まりますね

 

なんか総評ではなく、
苦言になってしまい申し訳ございません…

 

一応、
私の投票は、『VERDAD(ヴェルダッド)!!』です
ダントツでした

 

あの凄まじいまでのパフォーマンスを見れたことが、
2021年の1番の幸せだったかな

 

次点は、
『プロミセス、プロミセス』にします
映像化されなかったのが悔やまれますけど、
素晴らしい舞台でした

 

次点での他に候補は、こちらです

NICE WORK IF YOU CAN GET IT
ホテル スヴィッツラ ハウス
ダル・レークの恋
銀ちゃんの恋
婆娑羅の玄孫

 

こうやって並べても、
どれも素晴らしい舞台でしたね
2021年は大型ミュージカルという年ではなかったですけど、
良作が多かったと感じました

 

『婆娑羅の玄孫』は、
轟悠さんの最後の舞台作品ということで、
それだけでも評価をあげております
お元気なのかな?

 

Q1:2021年の宝塚歌劇で観劇したベスト作品を教えてください

いよいよ総合結果の発表です!
こちらの投票数は、649名の方にご投票いただいてます!

 

ちょっと怪しいと言えば怪しいのですが(笑)、
そこは素直に喜びたいです!

 

では、結果はこちらです!

 

上位順に並べ替えると、こうなります!

①桜嵐記(月組)⇒コメント率:16件(11%)
②アナスタシア(宙組)⇒コメント率:10件(13%)
③ロミオとジュリエット(星組)⇒コメント率:15件(20%)
④fff(雪組)⇒コメント率:2件(5%)
⑤VERDAD(ヴェルダッド)!!(星組)⇒コメント率:7件(18%)
⑥Eternita(月組)⇒コメント率:0件(0%)
⑦幽霊刑事(月組)⇒コメント率:0件(0%)
⑧NICE WORK IF YOU CAN GET IT(花組)⇒コメント率:8件(25%)
⑨哀しみのコルドバ(花組)⇒コメント率:3件(10%)
⑩プロミセス、プロミセス(宙組)⇒コメント率:2件(7%)
⑪CITY HUNTER(雪組)⇒コメント率:2件(9%)
⑫夢千鳥(宙組)⇒コメント率:2件(10%)
⑬川霧の橋(月組)⇒コメント率:4件(20%)
⑭シャーロック・ホームズ(宙組)⇒コメント率:4件(26%)
⑮柳生忍法帖(星組)⇒コメント率:1件(9%)
⑯銀ちゃんの恋(花組)⇒コメント率:2件(20%)
⑰バロンの末裔(宙組)⇒コメント率:1件(11%)
⑱ダル・レークの恋(月組)⇒コメント率:1件(12%)
⑲ほんものの魔法使(雪組)⇒コメント率:1件(14%)
⑳マノン(星組)⇒コメント率:0件(0%)
ヴェネチアの紋章(雪組)⇒コメント率:0件(0%)
婆娑羅の玄孫(星組)⇒コメント率:1件(50%)
アウグストゥス(花組)⇒コメント率:0件(0%)
ホテル スヴィッツラ ハウス(宙組)⇒コメント率:2件(100%)
PRINCE OF ROSES(花組)
LOVE AND ALL THAT JAZZ(月組)

 

『PRINCE OF ROSES』と、
『LOVE AND ALL THAT JAZZ』は
票が入らなかったので、コメント数も0件です

 

コメントについてはアンケートサイトに掲載いたしました
よろしければご閲覧ください

『2021年 宝塚観劇ベスト作品賞』の結果とコメント

 

スポンサーリンク

Q1の総評と私の投票

第1位は、
月組の『桜嵐記』でした!

 

月組さん、
月組ファンの皆さま、
おめでとうございます!

 

ちなみに、
上記の疑義の40~50件問題がありますが、
総数の138票から多い50票を引いたとしても、88票ですから、
1位は文句なしです

 

素晴らしい作品でしたし、
感動されたヅカファンが多かったのは事実です
納得の1位ですね

 

それと、
当アンケートはだいたい初動で動きますが、
最初から『桜嵐記』『アナスタシア』『ロミオとジュリエット』は強かったです
この3つ巴での争いでした
ちゃんとチェックしてましたので…

 

票の確保疑惑はあっても、
『桜嵐記』の1位は全く問題がありません
ちゃんと1位に相応しかったです

 

『Eternita』と『幽霊刑事』については、
20票ずつ多いとは感じますし、
ほぼ同数というブラックなグレーではありますが、
そこは上位ではなかったので、大目に見ることにします
ブレずに、両作品ともコメントが0件でした!

 

2位の『アナスタシア』
3位の『ロミオとジュリエット』も素晴らしいミュージカルでしたし、
演者のパフォーマンスが凄かったです
どちらも歴史に刻まれる名演でしょう

 

『アナスタシア』は宝塚歌劇初演として、
『ロミオとジュリエット』は歴代最高パフォーマンスとして…

 

『アナスタシア』は大劇場が2020年なのが悔やまれますね
東西同年の上演でしたら、
また違った結果だった可能性がありますので…

 

今年は残念なことに、
『PRINCE OF ROSES』と、
『LOVE AND ALL THAT JAZZ』には票が入りませんでした

 

1つだけの作品ということなので、
絞られちゃいます
その弊害が出てしまったように感じます

 

私の投票は、
ブレずに(笑)、星組『ロミオとジュリエット』にします
正直、
『VERDAD(ヴェルダッド)!!』と同率1位なんですけどね…

 

1つしか選べないというのであれば、
『ロミオとジュリエット』で…

 

Q5:ご贔屓の組をお聞かせください

毎年恒例となっている、
オマケのアンケートです

 

こちらの投票数は、378名の方にご投票いただいてます!

 

では、結果はこちらです!

 

上位順に並べ替えると、こうなります!

①星組
②宙組
③雪組
④花組
⑤月組
⑥特になし
⑦専科

 

昨年は花組が圧勝という珍しい現象がありましたが、
今年は元に戻って、星組が1位です

 

私が星組ファンで、
ことちゃんファンなので、
必然と多くなるのはもはや仕様です(笑)

 

宙組と雪組も変わらず…

 

月組もいつもどおり、5位です
当ブログでは、
月組ファンの方が本当に寄り付かないブログですので、
5位というのは納得…(^_^;)
『桜嵐記』の本公演アンケート、55名ですから…
月組はいつも少ないことは少ないのですが、
こんなに少ない本公演アンケートは、
たぶん今までで最低得票数だと思います
いつも力不足で申し訳ないです…(´・ω・`)

 

毎年申し上げておりますが、
ここで組のファン層を知ったからといって、
当ブログのスタンスは変わりません

 

星組っ子で、星組贔屓ですが、
萌えと感想、考察は区別をして、
これまで通り運営していきます
星組には、相変わらず1番厳しいですけど…(^_^;)
それも愛ゆえですので、お許しください…

 

スポンサーリンク

当ブログ読者の選ぶ『宝塚観劇ベスト作品賞 2021』決定!

あらためまして、
月組の皆様、月組ファンの皆さま、おめでとうございます!

 

当ブログの読者の皆様が選んだ、
『宝塚観劇ベスト作品賞 2020』は、『桜嵐記(月組)』です!

 

退団公演に良作なし、
と言われがちな宝塚歌劇において、
素晴らしい退団の花道となった作品ではないでしょうか
文句なしの良作だと感じます

 

相変わらずコロナが終息しませんし、
今年は無観客配信という前代未聞のこともありました

 

もうそういう寂しい舞台はなくなり、
劇場が賑やかになるといいのですが、
いつになるんでしょうね…
それでも、
観劇ができるという環境ができてきているのがありがたいです

 

2022年も素敵な作品に出会いたいですね

 

宝塚大劇場では、
いよいよ新生月組のれい海の本公演
『今夜、ロマンス劇場で』が開幕ですね
コロナでなければ、今年にお披露目でしたよね…
今度こそ、コロナを吹き飛ばす舞台で、れい海で盛り上がって欲しいです

 

東京は、
待ちに待ったカレーまどの花組『元禄バロックロック』です
ライブ配信で大劇場千秋楽を見て、
すっごく面白かったので、生観劇が楽しみで仕方がありません!

 

感染予防をしつつ、
劇場では思いっきり堪能したいです!

 

私の2021年作品賞の記事はこちらです!

私的「ベストタカラヅカ観劇 2021」
2021年12月31日で、 今年最後の更新となります そして、 本日はとても嬉しいニュースがありました! 元星組のまめちゃん(桜庭舞さん)がご結婚されたという報告がありました ⇒元星組・100期の桜庭舞さんがご結婚...

 

最後になりますが、
冒頭でもお話し、
毎回お伝えしておりますが、
アンケート結果はあくまでも、当ブログ読者様限定です!

 

100人いたら100通りの感想、評価があるのは当然です!
ですので、ご参考程度にしていただけると幸いです♪

 

最後になりますが、
アンケートを実施しておりますと、
結構驚くような結果になることも多々あります

 

それにより、
いろんな気づきを得ますので、
本当に皆さまには感謝しております!

 

2022年もよろしくお願いいたします!

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
『宝塚観劇ベスト作品賞 2020』が決定!当ブログ読者の選ぶ作品はコレ!

私的「ベストタカラヅカ観劇 2021」

 

コメント