礼真琴でも観たかった…フィナーレのエトワールは歌唱力重視であって欲しい

宝塚考察



本日は、
宝塚のフィナーレのエトワールについて、
ちょっと語っておこうと思います

 

実はエトワールのことは、
ちょこちょこ記事でお話しておりますけど、
1つのテーマとして語っておきたかったのです

 

ということで、ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

フィナーレのエトワールは歌唱力のあるジェンヌさんの見せ場

宝塚歌劇団は、
劇団ですけど、
歌唱力のある方はあまり表面に出て来ない
というとても不思議な劇団です

 

路線スターや娘役は、
いろんな思惑があるでしょうから、
なかなか歌上手なジェンヌさんは、
路線に乗れません

 

そのことは今回話したいことではないので、
割愛しますけど、
歌姫の貴重な見せ場が、
フィナーレのエトワールになります

 

やはり最後の締めの部分ですから、
宝塚歌劇団が劇団であるためにも
歌唱力のあるジェンヌさんでビシッと決めて欲しいもの

 

それがバッチリ決まると、
その後の階段降りも含めて余韻となります

 

また、
歌唱力のあるジェンヌさんの貴重な活躍場面でもあります

 

観客にとっては、
フィナーレで、
誰がエトワールかな、
とワクワクする瞬間でもあるわけなのです

 

スポンサーリンク

宝塚歌劇団らしい餞別エトワールは「あり」

宝塚歌劇団は、
生徒であるタカラジェンヌを、
上手に見せてくれる劇団です

 

そこには愛情もあるでしょう

 

特に、
卒業されるジェンヌさんに、
餞別としてエトワールを任せることも、
しばしばあります

 

餞別エトワールなので、
歌唱力の「あるなし」は関係なく抜擢をされます
でも、
ヅカファンはもう2度とジェンヌさんの晴れ姿を、
宝塚の劇場で見ることが出来なくなるわけですから、
たとえ、歌唱力に多少の難があっても、
そこは温かく見守ります

 

歌唱力重視派の私でも同じです

 

心をこめて、
最後の舞台で一生懸命歌われる姿には、
独特な雰囲気と世界観があり、
一抹の寂しさと、
感謝の気持ちが入り交じり、
そこでお別れを告げることが出来る場面であるからです

 

なので、
餞別としてのエトワールについては、
特に異論はありません

 

スポンサーリンク

歌唱力があるわけでもない場合がガッカリする

上記のイレギュラーは全然OKですけど、
残念だなぁと感じるのは、
歌唱力のないジェンヌさんがエトワールを務めることです

 

たとえば、
次期トップ娘役就任が決定している場合、
その1つ前の本公演で、
エトワールを務めることがあります

 

これが意外と厳しいなぁと感じます

 

本公演で、
見せ場を作ってあげられないのならいざ知らず、
それなりに見どころの場面があって、
最後にエトワールまで、というのが、
全然ピンと来ないわけです

 

歌唱力のある次期トップ娘役さんなら、
全く問題ありませんけど、
そうではない抜擢もあるわけです

 

せっかく、
歌える組子がいるのにもかかわらず、
餞別でもないのに、
エトワールを務め、
あまり上手でもないと、
余韻がちょっと残念な方向になってしまいます

 

歌唱力のある方が務めてこそのエトワール

繰り返しになりますが、
エトワールは、
歌唱力があるジェンヌさんの貴重な見せ場だと思っています

 

それを、
歌唱力のない、
しかも、
ただでさえ見せ場があるであろう、
路線系の方を抜擢するのは、
とてもガッカリしてしまうわけです

 

エトワールだけではなく、
歌で美しく彩る場面で、
全然歌唱力のない路線スターを抜擢する時もありますから、
なんとか目立つように、
起用しているのかな、と感じるわけです

 

それがチグハグなので、
逆に悪目立ちしてしまうのがいただけません…

 

スターを育ってていると言ってしまえば、
そうなんでしょうけど、
やはり歌の場面では、
歌唱力のあるジェンヌさんを起用して欲しいです

 

スポンサーリンク

歌唱力のあるジェンヌはなかなか陽の目を見ない

デュエットダンスで、
2番手スターが歌う場面もそうです

 

この場合、
歌唱力のある2番手であれば、
素晴らしい場面になりますけど、
そうではない場合は、
歌わせている事に「?」がついてしまいます

 

また、カゲソロの場合は、
歌唱力のあるジェンヌさんですけど、
表立っての場合は、違ってきます
大抵路線スターが、
歌唱力あるなし関係なしで歌を披露します

 

どうしても、
歌唱力のある方があまり報われないんですよね…

 

退団されてしまうジェンヌさんも、
歌唱力のある方が、
早めに退団されてしまう印象が強いです(←あくまでも私的なイメージ

 

路線スターは、
トップスターを目指しているわけですし、
確かに生き残る率は高いでしょう
ただ単に、
歌唱力のあるスターに、
路線スターが少ないというだけなのでしょうけど…

 

娘役さんの場合は、
「花の命は短し」のため、
もっと過酷な現実があります
歌上手でも、
早々に退団されてしまいますから…

 

歌唱力ジェンヌに陽の目を!エトワールは歌唱力重視希望

ということで、
次回の星組本公演『Ray』のエトワール、
誰が務めるのでしょうか?

 

餞別パターンで、
みつるさん(華形ひかるさん)の可能性があるでしょう
それは全然OKです
最後の晴れ姿ですからね

 

困るのは、
番手ごまかしのために、
愛ちゃん(愛月ひかるさん)を、
無理やりエトワールにしてしまわないか、ということ…(^_^;)

 

星組ならあり得なくもないです(笑)

 

みつるさんじゃないのであれば、
新星星組の門出にふさわしく、
歌唱力のある歌姫にエトワールを務めてもらいたいです

 

せっかくの歌うまトップスターの組なのに…
なにが悲しくて、
残念なエトワールになるのか、
とならないようにお願いしたいです

 

スポンサーリンク

礼真琴のエトワールが見たかった!聴きたかった!

ちえさん時代から、
星組っ子の私としては、
唯一の心残りは、
ことちゃん(礼真琴さん)が、
エトワールを務めなかったことかな
本当に残念です

 

真の歌唱力のトップコンビである、
だいもんさん(望海風斗さん)も、
まあやちゃん(真彩希帆さん)もエトワールを経験しています

 

まあやちゃんの場合は、
トップ娘役就任前のお披露目的な感じですけど、
まあやちゃんの歌唱力なら、本当の歌姫なので納得!

 

エトワールはこうじゃなくっちゃね、という感じでした
素敵だったなぁ…

 

ことちゃんはトップスターになったので、
もう2度とチャンスはありません…

 

それだけは、ずっと心に引っ掛かっていそうw
あれだけ歌うまなのに、チャンスも絶対ありましたし…

 

トップスターですから、
フィナーレでたっぷり歌ってくれますけど、
それはそれ!(笑)(^_^;)

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
歌唱力のある路線娘役の育成を望む…大本命に1人くらいいてもいいのでは説

 

コメント