トップ娘役就任は花組出身多し!さすが輸出組…気の毒なのは雪組と星組

宝塚考察



ネットニュースでは数日前に掲載されていたみたいですけど、
私は本日知りました…(^_^;)

 

大地真央さん主演のドラマ
『最高のオバハン 中島ハルコ』が舞台化されるそうです

 

このドラマ面白いんですけど、
Season2は録画だけしていて、まだ見ていません…(^_^;)
来月下旬に暇になったらまとめて一気見しようと思っています

 

Season2が制作されたのは、
Season1が人気や評判が良かったからですよね
そして、今度は舞台化!
さすがまみさん!

 

『最高のオバハン 中島ハルコ』の舞台は見に行くかはわかりませんけど、
『おかしな二人』の再演は絶対観に行きます!
愛する花さん(花總まりさん)が、
レジェンドなまみさんとご一緒するので絶対観ますw
もちろん初演も観劇済みです
原田諒先生の潤色・演出ですので、ご興味のある方はぜひ!

 

さて本日ですけど、
昨日の続きのような感じでしょうか

 

前回は、
主に星組の娘役の抜擢・起用についての残念っぷりを語りました
その補足です

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

トップ娘役就任は花組出身多し!さすが輸出組

以前から語っているとおり、
星組の路線の男役は、
真ん中が誰であっても、
着々と育成はしてますので…

 

現在もこっそりだったのが、
ようやく表立って起用できるようになりましたもんね
でも、こっそりちゃんと準備してましたから…

 

娘役は、
どこの組もそうではありますが、
水物のようなところがあるため、
運とタイミングにものすごく左右されます

 

とはいえ、
実際にどんな感じなのかといえば、
こんな感じです

 

トップ娘役に就任した各組の出身組別で見てみます

 

■各期のトップ娘役の出身組
・91期:2人⇒花組(野々すみ花)・雪組(愛加あゆ)
・92期:1人⇒月組(蘭乃はな)
・93期:1人⇒雪組(舞羽美海)
・94期:1人⇒花組(仙名彩世)
・95期:3人⇒花組(実咲凛音)・月組(愛希れいか)・星組(妃海風)
・96期:4人⇒花組(朝月希和)・月組(咲妃みゆ)・星組(綺咲愛里)・宙組(花乃まりあ)
・97期:1人⇒月組(海乃美月)
・98期:1人⇒花組(真彩希帆)
・99期:1人⇒月組(美園さくら)
・100期:2人⇒花組(華優希)・宙組(星風まどか)
・101期:なし
・102期:2人⇒花組(舞空瞳)・雪組(潤花)
・103期:1人⇒宙組(夢白あや)

 

ここ最近ということで、91期から見てみました

 

スポンサーリンク

91期からのトップ娘役の出身組

さらにわかりやすく表にまとめました

 

通常黒文字赤字が自組トップ娘役で、
赤字が輸出でのトップ娘役就任です

トップ娘役の出身組別表

 

花組出身のトップ娘役就任は、ダントツです
13年間で、7人ですよ!7人!
圧倒的に花組出身多し!

 

しかも、
さすが輸出の花組です
7人中5人が輸出でトップ娘役就任ですからすごいです
これだけトップ娘役を誕生させて、
自組率はわずか2人の28%です

 

月組は自組率が若干高めですが、
長期トップ娘役がいたにも関わらず、
5人出しているので全然いいでしょう

 

悲惨なのが、
以前にも指摘してますけど、雪組です
じゅんはなちゃん(潤花さん)が出たので、
ここ13年間で3人目が登場
じゅんはなちゃんがトップ就任するまで、8期の学年差があります

 

もっと悲惨なのは、星組!
就任したトップ娘役2人は、
共に、トップスターありきな就任でしたけど、
これで正解でしょう
私的には、
あーちゃん(綺咲愛里さん)にはいろいろ思うことがありましたし、
今でも変わりませんが(笑)、
星娘からトップ娘役を誕生させた点は評価したいです

 

宙組は、
かのちゃん(花乃まりあさん)以降、
コンスタントな感じの印象ですね

 

スポンサーリンク

84期からのトップ娘役の出身組

さらに広げて、84期から見てみます
84期にしたのは、
宙組誕生の時に入団した期だからです

 

通常黒文字が自組トップ娘役で、
赤字が輸出でのトップ娘役就任です

トップ娘役の出身組別表_84期から

 

やはりコンスタントにトップ娘役を誕生させているのが花組
そして、月組ですね

 

雪組はそのままなので、1番悲惨な感じに…

 

星組は時々連続で出す印象…(^_^;)

 

宙組は、
あすかちゃん(遠野あすかさん)が出て、
しばらくありませんでした

 

トップ娘役を狙うには花組がダントツ有利…長く活躍するのは雪組や星組

我が星組の娘役さんの育成が、
男役の路線スターとは異なって、
なかなかもどかしさがあるのですが、
こうやって見てみると顕著ですよね

 

トップ娘役だけが全てではないので、
星組の場合であれば、
長く活躍できる機会は与えられます

 

それは雪組もしかり
和物の芝居に定評がある組だけに、
上級生の存在は大事ですよね

 

そのため、
花組はトップを目指して精進しているからか、
引き際もとっとと、という感じですよね…

 

月組も花組同様に…

 

ということで、
星組や雪組は
路線の娘役さんにとっては、
穴場みたいな組にもなっているのでしょう

 

男役にとっての宙組みたいな…(^_^;)

 

現実としても、
現トップ娘役のひっとん(舞空瞳さん)も花組からですし、
今、路線娘役として育成中なちづるちゃん(詩ちづるさん)は月組からです

 

ちづるちゃんは応援してますけど、
星娘も頑張って欲しい!

 

それを言いたくてまとめてみたのですw
組替えでトップになることを全く否定はしてませんが(活性化されますし…)、
星組っ子なので、やっぱりちと寂しい…(^_^;)

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
星空美咲と星風まどかの抜擢比較をしてみた…勝手に予想する現トップ娘役の今後の在任度

95期以降次はいつになるのか…同じ期からトップスターが3人以上出るというのは至難の業というお話

 

コメント