永遠の若手のイメージがある95期も研14…各組にまだまだ存在している特異な期

95期



本日は特に大きなお知らせもない週末でしたね

 

一昨日は雨のせいか、
急激に気温がぐっと下がり、
地震の時の疲れもあったのか、
お腹の調子がすこぶる良くなかったです…
体が冷えてしまったのでしょうか…(´・ω・`)

 

今日はだいぶラクになりましたが、
昨日はぐったりでした
皆さまも、
急激な寒暖差にはご注意ください

 

本当にどーでもいい前書きですみません…(^_^;)
『カフェブレイク』でありちゃん(暁千星さん)がご出演されていましたので、
そのことにでも触れればよかったですw

 

さて今回は、
本当にたわいもない雑談回になります
それでもよろしければお付き合いください

 

時が経つのは早いよね、というようなことですが、
前回のお話の補足というか、感想のような回になります

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

研14となった95期

前回は久しぶりに95期の路線4人組について語りました

95期・神7の4人ゴールはどうなるのか?どうなっていくのか?

 

トップスターを3人輩出している95期ですけど、
2022年度は研14となります
ことカレーの就任が研11でしたから、
通常であれば今から就任してもおかしくはない学年ではあります

 

そのため「もう研14」と感じるのか、
「まだ研14」と感じるのかは、
人それぞれ異なりますけど、
入団から14年経過したという事実は変わりません

 

宝塚歌劇では、
男役10年と言いますので、
ようやく地に足が付いたような状態なのかもしれませんね

 

各組の生徒さんたちも、
だいたい研10を越えてると、
急激に退団者が増えていき、
だいたい半分以下になるのが常です

 

それでも、
実は95期だけ多いんですよね…
95期・神7のおかげで、
「永遠の若手」のイメージがそのまま反映されているかのように、
例年の研14よりは全然多いです…

 

そこがまたスゴイなぁと思っていたりします

 

スポンサーリンク

他の上級生と95期の人数の比較

現時点での研10以上の上級生の人数はこうなります
(2022年3月20日時点)

 

・89期(研20):1名
・90期(研19):2名
・91期(研18):6名⇒4名 ※退団者発表あり
・92期(研17):7名
・93期(研16):3名
・94期(研15):7名⇒6名 ※退団者発表あり
・95期(研14):15名
・96期(研13):10名⇒9名 ※退団者発表あり
・97期(研12):15名⇒13名 ※退団者発表あり
・98期(研11):15名⇒12名 ※退団者発表あり
・99期(研10):18名

 

退団者が決定している期の人数でチェックをすると、
研10の99期に次いで多いのが、95期という…

 

あくまでも現時点ですし、
2022年はまだまだ先が長いですから、
ここから減る可能性は大です
ですが、それでも95期は現時点では15名という人数がいます
その中でも多いのは、
雪組の5名と星組の4名になります
宙組はずんちゃん(桜木みなとさん)ただ1人…

 

そう考えると、
ご卒業される95期生も出てくるのかもしれません…
もちろん2022年はこのままGOの可能性だってあります
どちらの可能性もあるのがどの期も一緒ですが…(^_^;)

 

98期なんて、
雪組のあやなちゃん(綾凰華さん)がご卒業されますので、
雪組98期は0人になります
2期上の96期が、
今年ゆーなみくん(優波慧さん)が卒業されたので、
花組96期生は0人ですので、
雪組98期はそれに続くような形ですね

 

95期は5組それぞれにプラスして、
専科のまゆぽん(輝月ゆうまさん)までおりますので、
実質6組に存在しているという…
これで将来の管理職まで出たら、
さらにすごい期だなぁという印象がでますけど、
それはまだまだ先になるので、現段階ではわかりません

 

いずれにせよ、
95期が元気に頑張っているので、
「永遠の若手」のままのように突っ走っているような気がしますし、
それが95期生の役目でもあるのでしょうね
こんな期ないですから

 

スポンサーリンク

95期の再来の期は当面先だというお話

95期は、
優遇されているかどうかは別にして、
劇団の思惑にきちんと応えることが出来ている、
あるいは成果を出しているという点では、
やはり特異な期なのだと思っています

 

普通は、
ことカレーのトップスターコンビが誕生したところで、
次の世代に目が行きますし、
劇団もそのように主導していきます
それが3人目のトップスターを輩出し、
さらに路線スターが4人もいる状態となっています
また他の学年同様に、
脇を固める立場の生徒さんもおりますので、
このような大所帯の期になっているのでしょう

 

非常に面白いです

 

しかし、
私的に勝手に「95期・神7」とか言ってますけど(笑)、
よくこうやって人気スターが出てきたなという感じです
さきほども指摘したとおり、
作られる部分はあるにせよ、
劇団の期待に応えられる結果を出さないといけないわけですから…

 

それがいつまで続くのかはわかりませんが、
こういう期は当分出てこないでしょう
娘役含めても、
これだけ豊作な期は本当にありませんから

 

同等クラスという視点で見たとしても、
現時点で下級生をチェックすると、
トップスター3名
トップ娘役3名を輩出し、
さらに人気スターを4名も出すというのは、
とても難しいです

 

よっぽどの空白ある期が前後に存在しない限りには、
この手法は使えません
同時にそれに応えられるスターも揃っていることも大事です

 

とはいえ、
95期の自称応援団としては、
急にドトっと退団されたら、
もうショック過ぎて立ち直れそうにありません…(TдT)
間違いなくそういう日が来るんでしょうけど、
もうちょっと先だといいなといつも思っています

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
95期はスター候補が多すぎて逆に危険水域に思えてきた

95期の5組トップスターを思う

愛月ひかるの可能性…トップスターを輩出した95期までで現在空白なのは90期・91期・93期

 

コメント