縣千の推しがスゴかった!雪組『夢介千両みやげ』初回鑑賞の正直な感想

雪組



本日は、
雪組『夢介千両みやげ』『Sensational!』の大劇場千秋楽でした

 

星組時代から見守ってきた、
あやなちゃん(綾凰華さん)の大劇場ご卒業というのもあり、
しっかり視聴いたしました

 

あやなちゃんのお花渡しについては別途記事にしました

綾凰華へのお花渡し・雪組『夢介千両みやげ』&真彩希帆が綾凰華のスチール購入な同期愛

よろしければ、
あわせてご閲覧くださるととても嬉しいです!

 

最初にお伝えいたしますけど、
『夢介千両みやげ』は思ったよりは全然楽しめました
ハードルを低くしたのもありますが、
明るいコメディ仕立てでしたので、楽しいことは楽しかったです

 

そこを踏まえた上でのファーストインプレッションです

 

ネタバレが多いにありますので、
大丈夫な方のみお付き合いください!

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

彩風咲奈を筆頭に雪組生の熱演は素晴らしかった『夢介千両みやげ』

まず主演の咲ちゃん(彩風咲奈さん)ですけど、
爽やかなイケメンな若旦那な風貌で、
華やかさもあるのですが、
なんと訛り全開で、ほんわか坊ちゃまでした

 

すごく大変な役だったと思いますけど、
咲ちゃんにとっては、ものすごいチャレンジだったはず
朗らかで大らかで、懐の広くて優しい夢介は、
咲ちゃんにピッタリでした

 

そりゃみんな好きになるよね、という説得力が、
咲ちゃんの姿と演技で感じます
しかも、愛らしいんですよね…
私的には、この手のキャラに弱いので(笑)、
夢介は可愛くて仕方がなかったですw(*´艸`)

 

2番手のあーさちゃん(朝美絢さん)は、
超イケメンな若旦那・総太郎ですけど、
相関図にもあるとおり、放蕩息子
絵に描いたようなダメっぷりです
特に、女にだらしない!

 

ま、あの美形ですからね
そりゃ女の人が寄ってくるのも仕方がないとは思います
しかも、自覚のあるところもクスッとしてしまうのは、
あーさの演技力の賜物で、愛らしさが出てました

 

ヒロインのお銀のひらめちゃん(朝月希和さん)は、
噂どおり、上手かったですし、
最初の気の強さから夢介には乙女全開となり、
いい恋女房風に変化していく様がお見事でした
やっぱり上手いですよね…

 

この作品で雪組お披露目となったそらくん(和希そらさん)は、
なんと少年・三太役で登場
すばしっこさと人懐っこさと、
ずる賢っこさと、愛らしさを兼ね備えた演技は、
さすがそらくん!
お銀のひらめちゃんとの同期の掛け合いも楽しかったです

 

この公演で退団するあやなちゃんは、
悪七という悪い一派の一員でしたが、
特に目立った活躍を見せてくれました
悪人役、カッコ良かったです
見せ場が合ってよかった!

 

最終的には、
あーさの総太郎と結ばれるお松役を演じたのは、
ひまりちゃん(野々花 ひまりさん)
見た目が可愛くないという設定でしたから、
かなりのメイクダウンで挑まれていて頑張ってましたね
でもいじらしさがあってとてもよかったです

 

春駒の付き人のお糸役には、
あやちゃん(夢白あやさん)でした
華やかなショーを見せていたかと思えば、
最終的には、蕎麦屋を立て直して頑張る娘さん
健気で一生懸命な感じがとてもよく伝わりました
しかし、華があるなとあらためて感じました
和物でもひときわ目を引きます

 

そして、
何といっても、金の字役のちさとくん(縣千さん)
出てくるたびに、ひたすらカッコイイのですが、
最後の最後に遠山の金さん風だったとは!Σ(゚∀゚*)
のちほど語りますけど、ビックリでした!
この作品で、1番オイシイ役はこの金の字です

 

サクッとですけど、
メインキャストで感じたことを語りました

 

スポンサーリンク

「お金」三昧が凄かった…地獄の沙汰も金次第

さて本題です

 

冒頭でお伝えしたとおり、
『夢介千両みやげ』は思っていたよりは楽しかったです
そこは間違いありません

 

ただですね、
結局は「お金」なんですよね
これ、皮肉っているという裏テーマがあるんだとしたら、
仕方がないですけど、
そうではないのであれば、
石田昌也先生は、
なぜ宝塚歌劇団で、この演目をやろうと考えたのでしょうか

 

お金をばらまきさえすれば、何でも上手くいく
ということがこの物語のストーリーなので、
どこに人情があったのかが疑問なんですよね…

 

みんな夢介の「お金目当て」で、
仲良さそうに見えてしまって…
そういう風刺なのでしょうか?

 

夢介のキャラクター自体は、
愛すべき存在に仕上げてはいるのですが、
とにかくお金のばらまきだけをする…
ラストはお金ではなく、本来の腕っぷしが出てきますけど、
その部分の印象が非常に薄い

 

「地獄の沙汰も金次第」を終始見せつけられた感がありました

 

次に、
あーさちゃんの三太も、
女性に手を出しまくって、
その挙句に孕ませてしまった女性と結婚という…(^_^;)
「そこに愛はあるんか!」と言いたくなっちゃうほどのダメっぷり

 

女性はみんな可愛いという感じでもなさげで、
手当たり次第に女性にフラフラなイメージだったのが三太

 

あーさが演じていたから、
憎めなく感じはしましたけど、実際にはモヤる役です
他に隠し子いそうな勢いw

 

最後は、
ラストの火事で、なぜか無罪放免…Σ(゚Д゚;)
冒頭で、爆弾だけはダメって言われており、
当時でも火事は重罪だというのを匂わせていたはずです

 

しかも大火事になってましたけど、
家屋が焼失したり、
怪我人はいなかったんでしょうか?

 

金の字あがたはカッコ良かったですけど、
「え?それでいいの?」って思ったほどw

 

この大味っぷりがまるでコントのようでした…
人情喜劇ではなく、コントです

 

この作品で賛否が出てしまうのは、こういう部分なのではないでしょうか

 

お金は大事ではありますけど、
こんな感じでお金をばらまけば、何でも上手くいくというのが、
なんだかなぁというのが正直な感想でした
そもそもお金を大切に、大事に扱ってないです…

 

ちょっと品に欠けるような展開だったのかな、という気もします

 

そのため、
リピートには繋がりにくい気もしました
1回見れば満足なんですよね…

 

もちろん楽しくって仕方がなかった
というファンの方もたくさんおられるでしょう

 

人それぞれいろんな感想があるということで、
ご理解いただきたいです

 

スポンサーリンク

夢介でもショーでも縣千推しが凄かった!

『Sensational!』はとても楽しめました

 

卒業するあやなちゃんも場面もらってましたし、
最後なんて、
咲ちゃんと2人で銀橋で踊るという大サービスぶり!
あやなちゃんがカーテンコールで、
咲ちゃんと2人なのでつい嬉しくて笑顔になってしまう的なことを、
おっしゃってましたけど、
それは嬉しいですよね~
銀橋でトップスターとガッツリ絡むんですから

 

あと私的に萌えを感じたのは、
あーさちゃんとあやちゃんの場面!
めっちゃお似合いすぎてビックリです
そりゃ、当ブログのアンケートで、
あやちゃんが激推しされるわけですよw

 

で、話は変わって…

 

今回のショーでも、
ちさとくんがめちゃくちゃ目立ってましたよね

 

オープニングなんて、
気づけば、あやなちゃんが番手下がっててビックリでした
ちさとくんがしっかり上がってましたよ

 

私的には、
「1作待って貰えなかったんだ」という衝撃が強かったです…Σ(゚Д゚;)

 

正式に4番手がちさとくんというわけではないでしょうけど、
サラッと順番を変えてました
フィナーレの銀橋の並びでも、
そらくんと対の位置がちさとくんでしたし…

 

夢介の金の字役といい、
ショーでの番手の位置といい、
雪組は縣千の爆上げ体制をこの本公演から始動していると、
とても強く感じました
元々あげる意志がわかってましたし、
これまでも爆上げに感じることが多々ありましたが、
それがまさかあやなちゃんの退団までに明確にするとは、
ちょっと思いませんでした

 

ちさとくんが爆上げしていくのは、
これまでの流れで十分にわかっておりますし、
ヅカファンもそのつもりで見守っていると思いますけど、
なかなか衝撃的でした…

 

サクッとですけど、
今回視聴しての感想です

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
気になる雪組『夢介千両みやげ』のこと…トップスターによって作品運の良し悪しがあるような気がする件

綾凰華について正直に思ったこと…和希そらの組替えと縣千のバウ主演

 

コメント