縣千がカッコよすぎで華が凄かった『夢介千両みやげ』新人公演&キャスト別感想

雪組



本日、公式HPにて、
いろいろお知らせがありました

 

花組『巡礼の年』の新人公演全配役の発表や、
星組休演者の発表もありました…

 

明日にでも触れたいと思います

 

本日は、
タイトル通り、
雪組『夢介千両みやげ』の新人公演を、
ライブ配信で視聴いたしましたので、
その感想を語っておこうと思います
ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

縣千の夢介は華やかすぎたと思う

まずは主演・夢介を演じたちさとくん(縣千さん)です
本役は、
雪組トップスター、咲ちゃん(彩風咲奈さん)が演じています

 

いや~、めちゃくちゃカッコ良かったです!
本役でも金さんで、
それもめちゃくちゃカッコいいのですが、
新人公演でもめちゃくちゃカッコ良かった…

 

和物の髷のカツラがよくお似合いなのも、
とてもポイントが高いのでしょう
涼しげな目元と、
ほとばしる陽のオーラが眩しかった…

 

で、なんですけど…

 

夢介がここまで男前になっちゃうのは、
ちょっと反則のような(笑)(^_^;)

 

そのあたりは、
大尊敬のブログ様が、
大劇場の新人公演をご観劇の感想でも指摘されてましたけど、
その通りだな、と思った次第…

 

演技はよかったと思います
あの訛りも夢介らしさがありました

 

ただイケメンすぎて、ほのぼの感が薄い…(^_^;)

 

こうやって見ると、
咲ちゃんも普段は王子様感がスゴいのに、
夢介ではのんびりで残念なイケメンを演じてるわけですけど、
本当に「残念なイケメン」なんですよね…
これがこの作品の肝でもあるので、
咲ちゃんの表現の方が合っていると私的には感じます
田舎ののんびりした感じも表現できている、という点にも繋がります

 

とにかく、
ちさとくんはカッコ良さ過ぎました…

 

あんなイケメンだったら、
無条件で惚れるってw(全員ではないかもですけど…w)

 

どちらかと言えば、
あーさちゃん(朝美絢さん)が演じている総太郎の方が、
まだ合っていたでしょうね…
ちさとくんに「この顔、この器量」とか言われたらめっちゃ納得w

 

だからといって、
悪かったわけではありません
ただ、ちょっといい男、男前過ぎたという感じがする、というだけです

 

しかし、
立場が人を変えるではないですけど、
今年に入ってからのちさとくんの勢いは凄まじいですね

 

元々スター性が抜群で、
陽のオーラを振りまいてましたけど、
夢介でも華やかなオーラを振りまくってました

 

ま・さ・に、
次世代のスターなんでしょう

 

その貫禄を今回の主演で感じました
演技力は申し分なかったです

 

ただ華やかさと夢介がちょっと合わなかったかな、というだけです

 

いずれ真ん中であるトップスターになるのでしょうから、
歌はもうちょっと頑張って欲しいです

 

スポンサーリンク

華純沙那は研3とは思えない堂々としたヒロインっぷり

次にヒロイン・お銀を演じた、まるちゃん(華純沙那さん)

 

この役は、
娘役と女役を足して2で割ったような、
少し大人な女性風であることが大事な役だと思うのですが、
まだ研3になったばかりのまるちゃんは、
抜擢の期待に見事に応えておりました

 

ちさとくん主演のバウ『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』で、
3組目のカップルだったミリー役を演じた時も、
めちゃくちゃ上手かったのが印象的でしたけど、
今回のこういう難しいヒロインも上手に演じてました

 

雪組である以上、
和物との縁は深いわけですけど、
その立ち振る舞い、
演技力、表現力、どれも見事だったと思います

 

実力のある娘役さんというのも大事な存在でしょうから、
大事に育成していって欲しいですね

 

ミリー役に抜擢、
そして、早々に新人公演ヒロインに抜擢されますので、
雪組でも期待をしているということだとは思います

 

今後がとても楽しみ

 

ちさとくんともよく似合ってました!

 

スポンサーリンク

愛らしさがあった華世京の2番手役

次は、
ちさとくんの次の世代のスター候補であるカセキョーくん(華世京さん)

 

入団時から超注目されている106期生で、
上記のヒロインだったまるちゃんとも同期ですね

 

今回の新人公演では、
あーさちゃん演じる総太郎役でした

 

まだ下級生なので、
「この顔、この器量」のセリフが似合う学年ではありませんけど、
スター性は抜群ですし、
今後学年があがれば、シュッとしてくるでしょうから、
見た目もさらにパワーアップしそうで、楽しみで仕方がないです

 

歌も上手いですし、
演技力もあるので、
経験をどんどん積ませて、頼もしい路線スターに成長して欲しいですね

 

ただ、
やはり男役歌唱がまだ安定していないのと、
緊張のためなのか、
オープニング早々での銀橋のソロの歌は、ちょっと不安定でしたね

 

歌にも魅力があるカセキョーくんなので、
ここはもっと頑張って欲しいです

 

イケメンというよりも、
愛嬌があったのがカセキョー総太郎でした
だから、女性はほっとけないんだろうな、
という感じが出ていたので、
こういう総太郎もアリでしょう

 

むしろ、
カセキョーくんの方が夢介に似合っていたような気がします

 

気になった雪組生

まずは、
私的に大好きな(笑)、あやちゃん(夢白あやさん)
浜次役を演じてました

 

1人だけ新人公演じゃない域というか、レベルを感じました
歌はもう少し頑張って欲しいですけど、
演技力と表現力と、
何よりもあの美貌が素晴らしい!

 

娘役というよりも、
女役であるのが浜次ですけど、
上手かったなぁ…

 

とにかく色気がありましたし、
所作も良かったので、
次回の『心中・恋の大和路』の梅川役がより楽しみになってきました

 

しかし、
ちさとくんとの絡みを見ていると、
よくお似合いです
洋でも和でも似合ってました
美男美女の威力ですね

 

今年長の期となる102期生では、
まみくん(一禾あおさん)が三太役で、
めいくん(真友月れあさん)が嘉平役で頑張ってました

 

三太は、
軽妙さと人を食ったような感じと、
要領の良さと可愛げがある、という実は難しい役ですけど、
まみくんは上手かったですね
少年らしさもバッチリ!

 

嘉平は、
本役がゆうさん(汝鳥伶さん)という芝居上手の専科さんの役でしたから、
役作りは大変だったと思います
でも、しっかり爺やになりきってました

 

103期では、
ゆめちゃん(花束ゆめさん)がお松役、
せいみくん(聖海由侑さん)が金の字役でした

 

お松役は、
最後はオイシイ役ではありますけど、
基本的に地味で目立たない娘、という設定ですから、
可憐なタカラジェンヌにはなかなか難しい役です
ゆめちゃんは、さすがに上手かった…
いじらしさも十分に伝わりました

 

せいみくんの金の字は、
この作品で1番オイシイ役でしょう
しかも、本公演では、
次世代雪組のスターであるちさとくんが演じてますから、
役としては結構プレッシャーもあったでしょうけど、
なかなか堂々と演じていて頼もしかったです

 

104期では、
本役があやちゃん演じるお糸役に、
みちちゃん(愛陽みちさん)が演じてました
あやちゃんとはまた違った感じのお糸になっていて良かったと思います

 

105期では、
ゆいちゃん(音彩唯さん)がお鶴役でしたね
子どもの女の子の役でしたけど、可愛かったです
そして、やはり目立つなぁと思いました
等身のバランスがスゴいですよね…

 

ざっくりとなりますけど、以上になります

 

新人公演がライブ配信で視聴できるというのが、
本当にありがたいですよね…
劇団には感謝しかないです!

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
101期の縣千が『夢介千両みやげ』で3回目の新人公演主演&華世京が2番手&ヒロインは華純沙那

縣千の推しがスゴかった!雪組『夢介千両みやげ』初回鑑賞の正直な感想

出来上がっている夢白あや&男っぽさが出てきた彩海せら…雪組『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』

 

コメント