通常任期だがトップオブトップ級の望海風斗…明日海りおという同期がいても才能で運を引き寄せたタイプ

宝塚考察



本日、公式HPにて、
かちゃさん(凪七瑠海さん)と、
ひらめちゃん(朝月希和さん)の動画が配信されました!

 

あれま!
また花娘なんですね…
かちゃさんのバトンを鵜呑みにするのであれば、
実質雪組みたいな感じですけど…(笑)

 

かちゃさんには、
ことちゃんの『ロックオペラ モーツァルト』で、
大変お世話になりました♪

 

ひらめちゃんは、
やはり「できる」娘役さんだなぁ、
という雰囲気が出ていて、素敵でした♪

 

そして、
次は我が星組の愛ちゃん(愛月ひかるさん)!
楽しみです

 

それにしても、
マイティー、
れいこさん、
あーさちゃんまだかなぁ…(^_^;)

 

さて、
今回のお話はだいもんさん(望海風斗さん)です

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

偉大な超人気トップスター明日海りおが花組で組替えになった望海風斗

だいもんさんといえば、
圧倒的な真の歌唱力の持ち主のトップスターです

 

宝塚歌劇団が、
劇団であることの象徴的トップスターです

 

人気も絶大ですし。
トップスターに就任したわけですから、
素晴らしいことには間違いないのですが、
決して順風満帆ではなかったでしょう

 

だいもんさんの花組時代に、
劇団激推しの超人気スターだった、
同期のみりおくん(明日海りおさん)が、
月組から花組に組替えされます

 

当時も当然のことながら、
ざわつきました…

 

そして、
『エリザベート』のルキーニという出世役を最後に、
無事雪組へとすぐに逃がされます

 

そこからは、
ちぎさん(早霧せいなさん)時代の2番手となり、
トップスターに就任!

 

今でこそ、
絶大なる人気を誇り、
劇団の顔として素晴らしいご活躍をされてますが、
やはりいろいろあったなぁと思うばかり…

 

スポンサーリンク

望海風斗が無事トップスターになれてよかった!

劇団の89期の優先順位は、
間違いなく、明日海りおが1番で、
最重要スターでした

 

だいもんさんの組替えの発表は、
『エリザベート』のお稽古初日の発表だったと思いますけど、
4ヵ月近くは同期のみりおくんと花組で過ごすわけです
しかもみりおくんは2番手で、
トップスター就任も発表されます

 

これは、
やはり精神的には相当堪えたんじゃないかな、
と思うわけです

 

表面上は、
平静を保ちますし、
品よくみりおくんのトップスターを同期として、
喜んでましたけど、
心中は複雑だったと思います

 

 

どのタイミングで、
雪組組替えの話が出たのかはわかりませんけど、
それまでは苦しい時期だったのではないでしょうか

 

そこを経て、
雪組に組替えし2番手になり、
順調にトップスターへ就任

 

みりおくんと同じ立場に、
位置することになりました

 

現在ものすごくいい関係のみりだいですが、
お互い気を遣う時期はあったのかな、
勝手に想像
それを経ているからこそ、
より絆が深くなっていると感じます

 

スポンサーリンク

東京オリンピックの聖火ランナーは残念だったが…

みりおくんの退団後は、
最年長トップスターであるだいもんさんが、
劇団の顔としてご活躍されています

 

ただこれは最年長というのが理由ではなく
真のトップスターであるという証です

 

宝塚歌劇団は、
どんなことがあっても、
年功序列が絶対です
なので、
どういう場合でも、
上級生至上主義は変わりません

 

ですが、
劇団の顔となると、
ちょっと意味合いが変わります

 

集客ができて、
何かに秀でた芸の技術を持ち合わせていて、
スター性とカリスマ性必要です

 

その白羽の矢が立ったのが、
だいもんさんでしょう

 

東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれた時は、
退団が近いこともあり、
労いと思い出作り、
地元への貢献のためもあったと思います

 

残念ながら、
東京オリンピックが延期されてしまいましたので、
聖火ランナーとして走ることがありませんでした

 

でも、
選ばれていたという事実は変わりません

 

選出されたということに、
ファンは誇りを持っています!

 

望海風斗がトップオブトップ並みの活躍

今回の「anan」の表紙に、
現役のタカラジェンヌが初めて飾るという快挙は、
やはりトップオブトップであるということでしょう

 

長期在任ではありませんけど、
だいもんさんは、
宝塚歌劇団の顔として、
恥ずかしくない素晴らしいご活躍をされている、ということ!

 

本来であれば、
だいもんさん旋風が巻き起こったであろう、
コンサート『NOW! ZOOM ME!!』の東京千秋楽があり、
これから神戸でのコンサートという時期でした

 

その間を縫っての「anan」の表紙と特集だったんですよね…

 

この表紙の話が、
いつ持ち上がったのかは全くわかりませんけど、
退団のカウントダウンへのいい感じの流れにはなっていた、
と考えられます

 

もっともっと、
大騒ぎになっていいことですから…

 

スポンサーリンク

望海風斗の人気と実力はレジェンド級

おそらく再開まで、
4ヵ月のロスだと思いますけど、
無事に卒業の日を迎えて欲しいですね

 

だいきほが退団するのはですけど、
卒業することを止める術はありませんので、
とにかく、
素晴らしい退団公演になることを祈るばかりです

 

トップオブトップですからね!
誰もが暗黙で認めるでしょう

 

やはりこれだけの人気と集客力
そして、実力があるトップスターは、
在任期間に関係なく、
レジェンド級でいいと思います

 

あくまでも私的に勝手に思っていることですが…(^_^;)

 

なので、
真に受けないでくださいねw

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚公演スケジュール考察…最優先はだいきほ&たまさくの退団者あり公演から考える

 

コメント